blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2021年7月26日 14時02分

東京オリンピック・パラリンピック聖火リレー記念さくら植樹@松戸市

千葉県松戸市に聖火が灯ることを記念して6月29日、松戸市中央公園で
東京オリンピック・パラリンピック聖火リレー記念さくら植樹が行われました。

「東京で2回目のオリンピック・パラリンピックが開催されます。前回は
聖火が松戸市を通らなかったので今回のリレーは感慨ひとしおです。
しかも千葉県のゴールが松戸市です。それを記念するさくら植樹が出来ることは
この上ない喜びです。」と本郷谷松戸市長が挨拶。
続いて木村市議会議長が「オリンピック・パラリンピック決定からリレー招致が
悲願でした。聖火が松戸を照らすことに感激しています。今日は未来を担う
子供たちと植樹をします。みんなが大きくなる頃には花盛りになるでしょう。
この場を用意して下さった皆様に感謝します。」と話されました。
続いて日本さくらの会の理事である渡辺博道衆議院議員が「日本さくらの女王にも
参加してもらったので、記憶に残る植樹にしたい。みなさんが大きくなった時にも
思い出してもらいたい。」と話されました。

引き続き来賓、相模台小学校の児童、校長、聖徳大学附属幼稚園児と一緒に
戸川日本さくらの女王と吉田さくらプリンセスも参加してジンダイアケボノ
という種類のさくらを3本植樹しました。

連日の雨で式典開催自体が危ぶまれましたが、植樹のタイミングになって
雲が切れて、晴れ間が顔を出してくれて、まるで天も祝福してくれているようでした。

ご紹介を受ける戸川さん、吉田さん



園児と共にさくらを植える



小学生と一緒にさくら植樹



植樹式にご参加のみなさまと



聖火リレーフラッグと


↑ページトップへ