blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2021年5月11日 11時08分

東京オリンピック・パラリンピック聖火リレー記念さくら植樹式

東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレーが始まりました。
それを記念して日本さくらの会と植栽地の自治体の共催でさくらを各都道府県に
10本ずつ植樹することになりました。

聖火リレーのスタートは福島県Jビレッジから。スタート前日の3月24日、
主催者である日本さくらの会理事長、Jビレッジがまたがる楢葉町町長、
広野町長や元復興大臣、田嶋サッカー協会会長などの来賓、
そしてふたば未来学園、楢葉中学、広野小学校の生徒らが参加して式典が行われました。
今回は残念ながら日本さくらの女王の列席は叶いませんでしたが、これからどこかで
お目にかかるかもしれないので、この催しをお知らせしておこうと思います。

日本さくらの会蓮實理事長は東北の復興を心から願うとともにオリパラの成功を祈り
さくらを植樹してほしいと挨拶。広野町の遠藤町長は、Jビレッジは復興の中核拠点なので、
福島復興の躍動を知らせたい。東京オリパラが素晴らしい大会になるよう感謝を込めて祈り、
さくらを育てながら次の10年に向かいたいと力強いメッセージを発信しました。
また、田嶋会長は1997年に完成したJビレッジ抜きに日本サッカーの発展は考えられない。
そこにさくらが植えられることは感無量と話されました。

そして列席者で10本のさくらを植え、水をたっぷりやりました。
南相馬ジュニアコーラスアンサンブルの皆さんが,福島出身の作曲家古関祐而氏の
「栄冠は君に輝く」など心に響く歌声を聞かせてくれました。
最後に学生たちが願いを書き込んだメッセージをタイムカプセルに封じて土に埋めました。
10年後満開のさくらの元で大人になった子供たちが10年前の自分たちと対面するのが楽しみです。

理事長挨拶



記念さくら植樹



美しい歌声を響かせるSJC



タイムカプセルを埋める学生の皆さん



↑ページトップへ