blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2021年6月28日 10時28分

東京オリンピック・パラリンピック聖火リレー記念さくら植樹式@那須塩原市

3月29日栃木県那須塩原市で東京オリンピック・パラリンピック聖火リレーが行われました。
到着地点は大原間小学校。小学校で到着のセレモニーが行われた後、日本さくらの会主催、
那須塩原市共催で、東京オリンピック・パラリンピック聖火リレー記念さくら植樹式が開催されました。

主催者挨拶に立った日本さくらの会蓮實理事長は地元の那須塩原で記念植樹を行えることを
大変喜び、地元のリレー走者の中学生らが植樹に参加して、さくらの成長が未来に引き継がれる
ことこそがオリンピックのレガシーになるとスピーチ。

続いて那須塩原市長が快晴の下で聖火リレーが進み、それを記念するさくらが植樹されることは
大変喜ばしい。みんなで大切に育てたいと話されました。

その後、吉田さくらプリンセスと細田さくらプリンセスを交えて、中学生共々スコップを振るい
陽光という種類のさくらを植樹しました。

今回蓮實理事長の尽力で、第28代さくらプリンセスが初めての対外行事に参加することが出来て、
感無量の植樹式になりました。

那須塩原市長挨拶



式典参加のみなさま



陽光を植樹



聖火ランナーの中学生も参加



さくらにたっぷり水やり



記念撮影




(注)写真撮影時だけマスクを外して撮影しています




↑ページトップへ