blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2015年12月

2015年12月29日 22時29分

都市緑化キャンペーン

毎年10月は都市緑化月間と位置づけられていますが、今年も10月9日のオープニングセレモニーに
日本さくらの女王が招かれました。都市の中で緑を増やすのは簡単ではありませんが、
たとえば花の鉢を育てるだけでも緑と親しむことができ、人はそれによって癒されます。

今年も多くの方に緑への関心を高めて頂くために花の鉢配布が有楽町駅前で行われ、
渡辺女王と谷プリンセスがお手伝いしました。
晴天に恵まれ大勢の人が色とりどりの花鉢を笑顔で受け取っていました。

海上保安庁音楽隊の演奏で開会



渡邉女王、谷プリンセスが紹介される



お客様にお花の鉢を手渡す渡邉女王



谷プリンセスも笑顔でお花を手渡し



私たちもお花をいただきました





↑ページトップへ

2015年12月25日 14時40分

植樹式inパリ

みなさま良いクリスマスをお過ごしでしょうか?
一年遅れのご報告になってしまいました。昨年はフランスにもさくら植樹をする機会に恵まれました。

2014年11月2日在フランス日本大使公邸にて日仏文学賞の特別賞を記念して
桜の植樹式が行われました。植樹式には鈴木 庸一駐フランス日本大使と
ユッタ・シュテファン=バストル元駐日オーストリア大使が御一緒して下さいました。

フランス大使公邸の庭にあった10年程前に植えた桜は枯れてしまったとのことで、
公邸を訪れる方々に日本の桜を愛でて春の訪れを喜んでいただくことができるように、
との思いを込めました。

元駐日オーストリア大使ユッタ様にこの度植樹セレモニーに御一緒していただいた経緯は、
第25代小西千尋日本さくらの女王が20歳の時にオーストリア、ウィーンで
Wien Operaball 2012にてデビュタントを経験した御縁があったからです。
『ウィーン 華麗なるデビュタント~小西千尋20歳のデビュー~』
https://theatertv.co.jp/movie/10504

パリの冬の寒さを考慮して桜を植える時期は数週間後の方が良いということで、
この時は公邸の中で桜の苗木に日本酒を注ぐ植樹セレモニーを行い、
後日11月17日に無事に公邸の庭に桜が植樹されました。
植樹セレモニーで、小西女王は数時間前に現地のフランス人に習ったフランス語でスピーチし、
大変和やかで晴れやかな雰囲気のパーティーとなりました。

ユッタ大使、鈴木大使と共に日本酒を注ぐ儀式を行う



フランス語でのスピーチに臨む前の緊張した面持ちの小西女王



植樹式に参加の皆さんと

↑ページトップへ

2015年12月20日 23時05分

全米さくらの女王来日11

6月6日は日光観光を楽しみました。

東武鉄道で鬼怒川駅へ到着すると、観光協会会長がお迎えくださいました。
日光江戸村ではバーヘルストさんはお姫様に変身して写真を撮ってもらい大喜び。
忍者ショーでは忍者の姿があっという間に見えなくなったり、思わぬところから
現れたりのスペクタクルに目を見張り、歓声を上げて喜んでおられました。

午後から日光東照宮を参拝。世界遺産の絢爛豪華な建物を宮司にご案内いただき
見入っておられました。この日は公式行事を離れてゆっくり一日を過ごされました。

翌日もお二人でゆっくり東京観光を楽しまれ、8日早朝たくさんの想い出を胸に
ワシントンにお帰りになりました。

鬼怒川駅にて歓迎を受ける



観光協会会長より記念品贈呈



日光江戸村住人の皆さんのお迎えを受ける



江戸村キャラクターのにゃんまげと



宮司の説明を受けて東照宮見学



社務所の前で

↑ページトップへ

2015年12月16日 15時51分

全米さくらの女王来日10

長い一日の最後を飾った行事はさくらの会会長主催全米さくらの女王歓迎会。
例年通り衆議院議長公邸で開催され、今年も大勢の会員が全米さくらの女王の
来日を喜び、交流を楽しみました。

歓迎会に先立ち、大島理森議長を表敬訪問しました。議長はバーヘルストさんが
議員秘書をされていることに関心を示されていました。

その後4時から100名を超える会員の皆さんも参加下さり、歓迎式典が開かれました。
大島会長がさくらは日米交流の象徴なので毎年全米さくらの女王が
来日されることは大変歓迎すべきことですとの大島会長の歓迎の挨拶に続き、
シャペロンのエイミーさんが「東京で思い出深い出会いがあり、人々の歓迎に感謝しています」と
挨拶され、女王のノエルさんも「私の祖母は日本人なので、また日本に戻ってきたい」と
話されました。恒例の衆議院議長公邸の庭での記念撮影はあいにくの雨で少々濡れましたが、
それもまた一興。乾杯の後は日米女王を囲んであちこちで歓談の輪が広がっていました。
夕刻6時半、こうして長い一日が終わりました。

会長にワシントンのピンバッジをプレゼント



大島会長を囲んで



全米女王のスピーチを通訳する渡邊女王



歓迎会を楽しむお客様

↑ページトップへ

2015年12月9日 10時57分

全米さくらの女王来日9

続いてアメリカ大使館へ。生憎ケネディー大使は帰国中でしたが、
ジェイソン・ハイランド主席公使が応接してくださいました。
公使は「日本とアメリカ程緊密な関係を持つ国はありません。
大使館というのは両国の政治経済文化を取り持つ所ですが、
全てのベースはフレンドシップです。なので、こういう相互交流は
本当に大切です。」と日米さくら親善交流を歓迎して下さいました。

アメリカ大使館滞在が予定より伸び、遅れて到着したのですが、
全日空の篠辺社長は笑顔でお迎え下さいました。全日空は
アメリカの女王に日本への往復航空券を提供されています。
今年は日本さくらの女王にもワシントン往復航空券をご提供くださり、
日米さくらの女王揃ってご厚意にお礼を申し上げました。

全日空は6月に成田からヒューストンへも就航し、篠辺社長も
就航式に出席されるとのことでした。アメリカへの空の旅が
ますます快適になりそうです。

ハイランド公使を囲んで

ハイランド公使を囲んで



篠辺全日空社長と

篠辺全日空社長と

↑ページトップへ