blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2016年11月23日 23時27分

鶴岡八幡宮 段葛完成祝賀イベント

少々古いお話になりますが・・・
2016年春、鎌倉の鶴岡八幡宮へ続く道である「段葛」の修理が完了しました。
段葛には元々多くの桜が植えられていましたが、老木となり樹勢が衰えて来たので
修理と同時に若木も植栽されました。 鎌倉での桜植樹や保護活動は「かまくら桜の会」が
大きな貢献をされています。高柳会長は永年日本さくらの会の評議員を務められ、
桜の愛護にご尽力下さいました。また、高柳氏は日本櫻学会会員として
鎌倉の桜「桐ケ谷」や「玉縄桜」の研究にも熱意を傾けられています。

4月5日、段葛の完成を祝して鶴岡八幡宮参拝と「お練り」(日本式のパレード)が行われ、
日本さくらの女王、プリンセス、女王委員長らが参加。
鎌倉市長や市議会議長、商工会会長他と共に完成したばかりの段葛を皆で踏みしめました。
日本さくらの女王らは新聞社やテレビ局の取材を受け、鎌倉の桜や段葛の印象を述べていました。

行事後のレセプションにはかまくら桜の会会員や鎌倉の文化人が集い、会長や
女王・プリンセスを囲んで談笑しました。横浜からも日本さくらの会会員や
「桜を愛する会」会長、」事務局長も駆けつけて祝賀会を盛り上げました。
皆それぞれに古都鎌倉の雰囲気を楽しみながら参加者との交流を深めていました。

鶴岡八幡宮にて



インタビューを受ける日本さくらの女王



開通した段葛でお練



琵琶の演奏も披露された





↑ページトップへ