blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2017年04月

2017年4月25日 14時23分

第7回ハイジア桜祭りフォトコンテスト表彰式

3月10日、東京都健康プラザハイジアのアトリウムにおいて、管弦楽による桜祭りオープニング演奏の後、
さくらフォトコンテストの表彰式が行われました。染矢プリンセスは、ハイジアの吉原社長の隣で
表彰式のアシスタントを務めました。

どの作品も満開の桜と、生き生きとした人々の表彰が素晴らしく、桜を愛する日本人の心が
映し出されているかのようでした。今年からジュニア部門を設けたそうで、4歳くらいの小さな男の子も
お父さんに手を引かれながら表彰を受けていました。

表彰式の後は、各々の撮影者は自分の作品の前で染矢プリンセスと写真を撮り、
よい記念になったと喜んでいらっしゃいました。


表彰式



管弦楽団によるオープニング演奏



受賞者の皆様と作品の前で


↑ページトップへ

2017年4月24日 13時40分

シドモア桜植樹式

3月27日、全国都市緑化よこはまフェアの一環として、横浜市港北区大倉山記念会館において
シドモア桜植樹式及び講演会が行われ、増田女王が出席しました。

1912年東京から米国ワシントンDCへ友好・親善のために3000本の桜を贈る際に
大きく貢献したのが、エリザ・R・シドモアさんです。横浜外国人墓地のシドモアさんの眠る墓碑の傍らに、
1991年にワシントンDCから里帰りをした桜が植えられました。その桜がシドモア桜と呼ばれています。
今回よこはまフェアの記念に、その桜の枝から接ぎ木により作られた苗木が植えられました。

この日は午前中雪が降るほど寒い日になってしまいましたが、港北区長をはじめ、
地域の皆様や子供たちも集まり、100年前のシドモアさんの心意気に思いを馳せ、
友好の象徴である桜がこの大倉山でもきれいに花開くことを願いました。

増田女王はオープニングの式典で、「昨年ワシントンDCの桜祭りに参加し、
一か月にも及ぶその盛大な祭りの様子から、さくらが現地の方々に愛され、
確かに両国の親善の象徴となっているのを感じた」と述べました。

式典にて挨拶



シドモア桜の会会長、横浜港北区区長らと共に植樹



地域の子供たちと水掛

↑ページトップへ

2017年4月20日 11時35分

達山会総会

2月7日憲政記念館において、亀岡偉民衆議院議員を励ます会が行われ、
下野日本さくらの女王が招かれました。

亀岡先生には「さくら議員連盟」の事務局長をして頂いており、
日本さくらの会もお世話になっています。かつて作新学院では
江川投手の女房役でキャッチャーをされており、地元でも
福島の人々の声を受け止めるのが得意だとか。

震災の時には議員ではなかったにもかかわらず、自分のことは
後回しで一生懸命地域の皆さんのために働かれたそうです。

現在文部科学行政責任者として給付型奨学金の実行を実現され、
福島の子供たちに夢を与える五輪を目指し、野球の福島開催を実現されました。
「自己肯定力の低下した日本の子供たちが自信を持つ力をもってもらえるように
尽力したい」と話されました。

下野さんは花束を亀岡議員に贈呈し、会場の皆様に
「さくらの会共々亀岡先生をご支援ください」と挨拶して、
会場からひときわ大きな拍手を受けていました。

亀岡先生に花束を贈呈



急にマイクを向けられてもきちんとご挨拶


↑ページトップへ