blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2018年07月

2018年7月30日 15時07分

ハ ンブルク桜の女王来日5

12日には全日空の平子社長を表敬。日本さくらの女王がハンブルクに行くときも
航空券を提供してくださっており、お礼を申しがあげると
国際交流のお役に立てることは全日空としても嬉しいことですと話されました。

午後から銀座SIXを見学して、ミキモトへ表敬に伺いました。
ミキモトはハンブルク桜の女王にも日本さくらの女王、全米桜の女王と同じく
クラウンレプリカとパールネックレスを提供してくださっています。
世界で3人だけが手にできるレプリカをつけることが出来て
とても誇りに思うとアンナさんは話していました。
その後店内の高価な真珠を見せていただき、眼福の時間を過ごしました。

ミキモト表敬で一連の行事が終了し、翌日アンナさんは帰国の途に就きました。

平子社長にハンブルクのお土産を手渡す



社長を囲んで





↑ページトップへ

2018年7月29日 11時54分

ハ ンブルク桜の女王来日4

11日は憲政記念館でさくら祭り中央大会が開かれました。

開会前に日独さくらの女王は日本さくらの会会長の大島衆議院議長を表敬訪問しました。
アンナ女王は高校時代熊本に1年間留学しており、熊本弁で会長に答える場面もあり、
おおいに喜ばれました。

中央大会式典後、憲政記念館の庭にさくらを植樹し、懇親会に参加しました。
引き続き、昨年フレンドシップエクスカーションハンブルクに同行し、
安倍首相桜贈呈式に参加した会員を交えて、ホテルモントレー銀座にて
ハンブルク桜の女王との交流会を実施しました。
ハンブルクを代表して今回女王と共に来日のロゲ氏が、
日本側を代表して春日評議員が当時の思い出をマイクの前で話すと、
皆さん旅の思い出に引き込まれていました。

この交流会には当日さくらの保護育成に対して表彰を受けた十日町
「黄桜の会」の皆さんも参加されており、日独交流の一端を担って
「十日町天神囃子」を朗々と披露してくださり、拍手喝采を浴びました。

会長と握手



会長を囲んで



御車返しを植樹



ハンブルクとの交流会



記念写真















↑ページトップへ

2018年7月25日 09時42分

ハ ンブルク桜の女王来日3

10日はまず伊達参議院議長を国会議事堂の院内参議院議長室に表敬しました。
おもてなしの心で大歓迎して下さり、短い時間でしたが
アンナ女王はとても印象に残ったようでした。

引き続き首相官邸に安倍総理を表敬しました。4年前にハンブルク桜の女王が
総理表敬をした折にハンブルクに桜を贈呈しましょうとお約束下さったのが、
昨年7月ハンブルクで開催されたG20で実現しました。分刻みのスケジュールの中
安倍総理ご夫妻も出席下さり、苗木の贈呈式が敢行されました。
アンナハンブルク桜の女王と橋丸独日協会ハンブルク会長がそのお礼を述べ、
その折に安倍総理から贈呈された苗木をアルスター湖畔に植樹した時の模様を
アルバムにして見ていただきました。日本から送った桜が育ち、
日独の関係が桜を通して益々深まることを願っていますとの言葉が
安倍総理からありました。


伊達議長よりお土産を頂く



議長を囲んで



ハンブルクでの植樹の様子をアルバムで示す橋丸会長



冊子さくらを総理に贈呈




↑ページトップへ

2018年7月20日 12時20分

ハ ンブルク桜の女王来日2

続いて日本航空へ航空券提供のお礼を伝えに伺いました。
現在ハンブルクへの直行便がないので、橋丸独日協会ハンブルク会長が
直行便の開設が叶うよう願っていると伝えました。

続いてドイツ大使館へ。ヴァルテス大使自らが広くて美しいお庭を案内下さり、
鐘楼では鐘もつきました。大使公邸のリビングでお茶を頂いていると
大使夫人がお買い物から帰宅されました。明日のパーティのお花を準備したとのこと。
美しい大使夫人も一緒に一層華やかな雰囲気の中での談笑が続きました。

居心地がよくついつい長居になってしまい、次の表敬に一時間も遅刻してしまいましたが、
OCSの皆さんは快く一行を待っていてくださいました。OCSは国際輸送サービスを
担う会社で海外生活を送る日本人の強い味方です。強力なスポンサーとして
独日協会と長いお付き合いがあるそうです。来年のハンブルク桜の女王選出大会には
ぜひOCS福田社長にもいらしていただきたいと橋丸独日協会ハンブルク会長が要請されました。

日本航空役員に冊子さくらを贈呈



ドイツ大使と



ドイツ大使公邸の庭園で鐘つき



公邸で歓談



OCS会長と




↑ページトップへ

2018年7月17日 14時24分

ハ ンブルク桜の女王来日

2年に一度ハンブルク独日協会が公募で選出しているハンブルク桜の女王が来日し、
関西経由で4月8日夜に東京に入られました。

関西ではすでに報告したように4月7日に神戸市で植樹式を行いました。
翌日4月8日には阪神競馬場で桜花賞の前のレースで大阪ハンブルクカップの出走があり、
アンナさんと共に辰己日本さくらの女王が優勝騎手にカップ授与を行いました。

9日からは東京で忙しく行事が始まりました。初めに日独協会会長の
古森富士フィルム会長を表敬しました。古森会長はドイツに
住んでおられたこともあり、懐かしそうに当時の思い出を語っておられました。

大阪ハンブルクカップの予告



パドックにて



表彰式にて記念品授与



優勝旗手と



古森会長に日本さくらの会の冊子を贈呈



会長を囲んで




↑ページトップへ

2018年7月13日 22時42分

ベトナムさくら祭2018 8

3月26日(月)午後、ハノイよりベトナム航空にて羽田に到着。
竹中女王、三好プリンセスにとっては初めての海外での女王活動でしたが、
ベトナムのテレビ取材や新聞記者の質問にも的確に答え、
立派に国際交流をこなしてくれました。

今回の訪越に関し、ご協力ご協賛いただきました皆様に、心より感謝申し上げます。














↑ページトップへ

2018年7月12日 13時38分

ベトナムさくら祭2018 7

夜には、今回の訪越につきご協賛下さったAIC社を訪問。AIC社は小さな人材派遣から始まったそうですが、
今ではベトナム一の政府系総合商社となっています。特に日本との交流には力を注いでいるらしく、
会長のヤンさんのお嬢様も現在日本に留学中とのことです。

また今回初めて日本さくらの女王がベトナム各地のさくら祭りに参加したことについて
テレビの取材を受け、両女王は緊張の面持ちでカメラの前で話をしていました。

夜にはセミナー参加者や、さくら祭りで日本の踊りや芸を披露した方々と食事をし、
ベトナムとの交流が更に発展していくことを望みました。

AIC会長表敬



ヤン会長を囲んで



テレビ取材を受ける女王達




↑ページトップへ

2018年7月11日 22時28分

ベトナムさくら祭2018 6

3月25日(日)、駐越日本大使のお招きにより大使公邸にて
美味しい日本食のランチを頂きました。
梅田大使からは日本とベトナムの関係は非常に良好ながら、
一方でベトナム人の海外留学や人材派遣斡旋業界の問題点などもあるそうで
心痛みましたが、両国の正常な交流のために力を注いで行きたいと
心から思いました。

ランチのあとは、ベトナムに来て初めてのフリータイム。
竹中女王と三好プリンセスは、バイクの行き交う旧市街にて
アオザイを購入し早速に着替え、ハノイの街を現地の娘に
なった気分で闊歩していました。

大使公邸で資料を見ながらお話を伺う



大使ご夫妻を囲んで



バイクがにぎやかな街中



アオザイで街を散策





↑ページトップへ

2018年7月9日 20時52分

ベトナムさくら祭2018 5

3月24日(土)、一昨日に続き再び3時間ほどバスに揺られ、
ハノイ市の東方ハロン湾に程近いハイフォン市へ。
ハイフォン市はこの数年急速に開発が進み、海外企業誘致に積極的に取り組んでいます。
観光促進セミナー参加企業の方々とハイフォン市人民委員長らと面会し、
ハイフォン市の企業誘致に対する取り組みなどの話を伺いました。
お昼には、ハロン湾の恵みの大きな蝦蛄や大海老を山ほどご馳走になり、
豊かなベトナムの海の幸を堪能しました。

夜はハイフォンさくら祭り開会式へ。電飾の施された華やかな会場に大勢の地元の方が集まり、
日本とベトナムの文化と経済の交流をお祝いしました。

フォーラム入り口の看板



紹介を受ける女王達



おいしい食事に舌鼓



開会のテープカット



花束贈呈


↑ページトップへ

2018年7月7日 11時33分

ベトナムさくら祭2018 4

夕方、観光投資促進セミナーのため訪越中の日本企業代表の方々と
ハノイ市役所にてハノイ市人民委員長と面会しました。
委員長はそれぞれの代表と挨拶し、ハノイへの日本企業誘致に力を注いでいるようでした。

夜はハノイ中心部リータイトー公園にて、ハノイ日本文化交流祭開会式が行われました。
会場の公園は、日本の太田市場から取り寄せたという数万本のさくらの枝で飾られ
美しい植物園のようになっていました。これはお祭りのたった二日間しか飾られないらしく、
その美しいさくらを一目みようと、地元の人たちが大勢集まってきました。

ハノイ市人民委員長と懇談



式典入り口で迎えるアオザイ姿の女性たち



歓迎を受ける日本さくらの女王一行



入り口には日章旗がはためいていました



↑ページトップへ

2018年7月6日 14時43分

ベトナムさくら祭2018 3

3月23日(金)、ハノイ市内公園にて、梅田駐越日本大使夫妻、
ハノイ市人民副委員長らと共に、日本から送ったさくらの植樹式が
行われました。今は広々とした芝生の公園ですが、いつの日かさくらが育ち、
ベトナムを代表する立派なさくらの公園になることでしょう。

午後は、首相官邸にてフック首相に表敬。フック首相は私たちの訪越を
歓迎して下さり、日本との交流を更に深めたいと話されました。

現地関係者もさくらの女王に関心が高く、近い将来ベトナムにも
さくらの女王が誕生するかもしれません。

梅田駐越大使ご夫妻と



寒緋桜、陽光などを植樹



首相に日本さくらの会を紹介する理事長



一人一人にお土産を手渡ししてくださる首相



官邸ロビーにて首相を囲んで







↑ページトップへ

2018年7月5日 23時00分

ベトナムさくら祭2018 2

現地時間午後2時過ぎハノイ着。バスに揺られ、ハノイ市の北東に位置する
ウォンビー市まで3時間半の移動。日本では余り見られなくなった砂利道や
陥没のあるローカルな道を延々と走りやっと到着した先は、イェントゥ寺という
美しく大きな山寺でした。そこはクアンニン黄梅という梅の名所だそうで、
日本のさくらと現地の黄梅を一緒に祝うお祭りの開会式が夜8時より行われました。

式典に先立ち行われたレセプションでは、現地の要人に日本さくらの会推奨の
日本酒「さくらの女王」が理事長より手渡されました。

広大なお寺の敷地に設けられた巨大なステージにおいて日本とベトナムの
歌や踊りが披露され、竹中女王と三好プリンセスも飯島内閣参与と共に
ステージに上がり、さくらの贈呈を行いました。

この日はとても寒く、日本の冬のような気温でした。
式典後ハノイまで帰り着いたのは日本時間で夜中の2時過ぎ。
とても長いベトナム初日になりました。

寺院の大きな門



黄梅とさくらがアレンジされて



理事長が「さくらの女王」をプレゼント







↑ページトップへ

2018年7月4日 15時41分

ベトナムさくら祭2018

2018年3月22日~26日、日本さくらの会から、竹中女王、三好プリンセス、蓮実理事長、
事務局長、女王委員3名の7名が、飯島勲内閣参与のお力添えと、
ベトナム政府系総合商社AIGのお招きにより、日越外交関係樹立45周年を記念する
ベトナムのさくら祭りに参加しました。

3月22日(木)、成田よりベトナム航空便にてハノイに出発。現地到着後早速に
公式行事が入っているため、竹中女王と三好プリンセスには機内にて振袖に着替えてもらいました。
女王とプリンセスに選出されてから初海外のお二人には初めから試練のスケジュールとなってしまいました。

ベトナム航空にてハノイに到着



機内から振袖で強行軍の女王たち





↑ページトップへ

2018年7月3日 10時09分

渡辺博道先生と明日を語る会

平成30年6月4日(月)、日本さくらの会理事であり、さくら振興議員連盟幹事長を務められている、
渡辺博道衆議院議員の「明日を語る会」が、東京プリンスホテルにて行われました。

渡辺先生は厚生労働委員長として幅広く活躍されている他、水素社会推進委員長として
水素を活用したエネルギー構造改革などを推進しています。また福島の原発問題にも取り組み、
チェルノブイリ原発事故の被害を受けたベラルーシとの交流もされています。

この会に三好プリンセスが出席し、渡辺先生に花束の贈呈を行いました。

花束贈呈



三好女王はお茶で乾杯

↑ページトップへ

2018年7月2日 17時39分

2018ワシントン桜祭り訪問 12

4月15日(日)、ワシントン滞在最後の日は、レンガ通りのきれいな街ジョージタウンへ。
高級店の並ぶ一角のラルフ・ローレンでは、日米両女王にジャケットのプレゼントを
して下さいました。お揃いのジャケットを着て写真に納まる日米の女王は、まるで姉妹のようでした。

めまぐるしいスケジュールの一週間でしたが、竹中女王は全米から集まったプリンセスや、
大使館推薦のインターナショナルプリンセスたちとも仲良くなり、親善使節としての役割を果たし、
翌日、無事に帰国致しました。

株式会社ミキモト、全日空株式会社様をはじめ、お支えご協力くださったスポンサー各位、
NCSSの役員、関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

ラルフ・ローレンにてプレゼントされたジャケットを着て

↑ページトップへ

2018年7月1日 13時06分

2018ワシントン桜祭り訪問 11

4月14日(土)、全米さくら祭りの締めくくりとして、盛大なパレードが繰り広げられました。
これは学生のブラスバンドや馬車、有名歌手や巨大バルーンなどが登場し全米に生中継されます。
なかでも日米さくらの女王やプリンセスたちの乗ったフロートは一番人気で、
観覧の人々から大きな歓声を受けていました。

パレードの後は、日米協会の主催する「さくら祭り」テントストリートにて、
地元の方々の写真撮影に応じるなど交流を深めました。


フロート上の日米さくらの女王



華やかなフロート



盛大なパレード

↑ページトップへ