blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2020年3月9日 16時46分

ひふみ桜植樹祭

太田・絵堂の戦いをご存知でしょうか。幕末、高杉晋作が山形有朋、伊藤博文などと立ち上がり、
攘夷一辺倒だった長州藩の姿勢を転向させ、明治維新の礎になったとも言われています。
意義のある歴史的事実を顕彰すべく、明治150年とその時の犠牲者52名と合わせて202本のさくらを
山口県美祢市に植えることになりました。主催はひふみプロジェクト。協力は「美しい街づくり」の
一助として日本さくらの会と全国各地にさくらの苗木を贈る「さくらふるさと街づくり運動」を
推進しているイカリ環境事業グループの(一財)環境文化創造研究所です。

㈱イカリ環境事業グループ代表取締役CEO黒澤眞次ご夫妻と三好果音第27代さくらプリンセス、
玉垣シャペロン、浅田日本さくらの会事務局長は植樹式前日の2月18日に山口県入りし、
松陰神社へ向かいました。神社では本格参りをした後、松下村塾にご案内頂き、
実際に吉田松陰が指導し高杉晋作や久坂玄瑞、山形有朋、伊藤博文らが学んだ部屋で
まるで彼らと共に学んできたかのようにリアルに聞こえるお話を神主さんから伺いました。

松陰神社のある萩市に来ました



吉田松陰と高杉、久坂



松下村塾



松陰神社のおみくじ



松下村塾に入門⁈

↑ページトップへ