blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2014年07月

2014年7月31日 18時36分

2014全米さくら祭り親善訪問記12

4月12日はさくら祭りパレード。ワシントンで最も大きなイベントの一つで
ワシントンの目抜き通りコンスティチューションストリートが会場になり、
10万人が見守ります。有名スターもミスアメリカやスタープレーヤーも
老いも若きも笑顔を振りまき、踊りながら、歌いながら、演奏しながら、
また、馬やクラシックカーや一輪車やフロートに乗りながら進んでいきます。

全米さくらの女王と日本さくらの女王は一段と高いフロートに乗り
万雷の拍手の中を進んでいきました。本当に魔法の時間!

以下のサイトでパレードの模様がご覧いただけます。
(さくらの女王が登場するのは2:00辺り)

https://www.youtube.com/watch?v=nwiSUqKQR8Q

日米国旗に敬意を表して



パレード出発前に参加者と議事堂をバックに記念撮影



プリンセス達のフロート



日米さくらの女王



パレードの模様



パディントンベアも参加⁈

↑ページトップへ

2014年7月28日 16時17分

2014全米さくら祭り親善訪問記11

夜8時。いよいよグランドボウル。プリンセス達は白いドレスで正装。
振袖姿の小西女王はお父様にエスコートされて入場。この1週間に
アメリカにいたからこそ感じた日本の良さを織り交ぜつつ、
日米友好の決意を話し、満場の拍手を浴びました。

ついに新しい全米女王誕生の瞬間。全米さくらの女王はルーレットのように
スピンホイールを回して針の止まった州の代表が女王になるという決まりです。
佐々江駐米大使に代わり泉公使がスピンを回すと、針は去年に引き続き
オクラホマを指しました!新女王に選ばれたのはレイニー・シーウエルさん。
ミキモトパールクラウンを戴冠し、全日空から日本往復航空券を贈られ、
「信じられない!」と幸運を喜んでいました。

その後レイニーさんは泉公使とファーストダンスを踊り、小西女王は
NCSS(全米州協会協議会)会長とステップを踏みました。小西女王は
ウイーンのデビュタントでワルツを踊ったこともあるだけに、振袖でも見事な
ダンスを披露していました。

パーティへGO!



第65代全米さくらの女王メリーアンさん、一年間お疲れ様



プリンセス達が勢揃い



スピーチする小西女王



このスピンで全米女王が決まります



オクラホマにスピンが止まり、祝福されるレイニーさん



パーティの最後はダンス!




↑ページトップへ

2014年7月26日 11時58分

2014全米さくら祭り親善訪問記10

4月11日金曜日はグランドボウル。

準備開始の夕方までには時間があったので、せっかくのワシントン、
お花見と観光を小西女王のご両親と共に楽しみました。
折しも桜満開のタイダルベイズンに向かうと、お花見を楽しむ人々が
大勢繰り出していて、アメリカにいることを忘れるほど。本当に桜の下では
誰もが幸せそうで、人々を平和な気持ちにさせる桜を心から誇りに思いました。

桜並木をそぞろ歩いているとNBCの天気予報中継に遭遇。
日本さくらの女王とわかり、急遽インタビューが始まり小西女王が出演。
キャスターが「オハナミ」という日本語を知っていたのが驚きでした。

満開のワシントンの桜



大きな幹に育った桜



CNNの取材を受ける小西女王



リンカーンの像と



リンカーンメモリアルにて


↑ページトップへ

2014年7月24日 18時49分

2014全米さくら祭り親善訪問記9

この日の夜は佐々江日本大使主催のパーティーが広大な日本大使公邸で催されました。
若いプリンセスたちは日本古来の楽器を使ったモダンライブや,
伊勢神宮の遷宮ドキュメンタリー、或いは映画「俺、俺」の予告編などを楽しみ、
素晴らしい和食に舌鼓を打ち、日本文化を多面的に感じていた様子。
お茶室のしつらえも公開され、畳の趣に浸っていました。

大使公邸の満開の桜の下で記念撮影



日米さくらの女王の紹介



古楽器バンドの演奏



美味しい和食に舌鼓



調理の板さんに感謝



↑ページトップへ

2014年7月18日 09時49分

2014全米さくら祭り親善訪問記8

4月10日木曜日。午前はホワイトハウス訪問!と言っても残念ながら大統領にお目にかかる
というわけではありませんでした。厳しいセキュリティーチェックを何度も受けて入場し、
実際にゲストを接待する部屋やボウルルーム、ダイニングルームなどを目の当たりに、
ここで世界の政治が展開しているのだと思うととても興奮しました。昭和天皇が面会した時の
写真も飾られていました。残念ながら内部は撮影禁止。

オバマ氏の代わりに散歩帰りのオバマ家の犬2匹に遭遇してラッキーでした。

ホワイトハウス見学を終えて



観光客でにぎわうホワイトハウス前広場

↑ページトップへ

2014年7月12日 23時17分

2014全米さくら祭り親善訪問記7

その夜は日本の衆議院議員にあたるアメリカ下院議員会館でレセプションが持たれました。
いかにもアメリカらしく国歌が流れると皆胸に手をあてて唱和しています。
国旗にも敬意を払います。佐々江駐米大使や元全米さくらプリンセスだった議員をはじめ
現役の議員も何名か参加して2014さくらプリンセスが紹介されるのを見守りました。

国旗入場



佐々江大使夫妻と



各州議員に紹介され会場に並んだプリンセスと日米さくらの女王並びにゲスト



↑ページトップへ

2014年7月9日 22時26分

2014全米さくら祭り親善訪問記6

4月9日水曜日。日本商工会議所会長大出さんにお招きいただき、ワシントンに隣接する
イングランドの面影を持つ小さな町、ジョージタウンの古いクラブで、
この日ワシントンに到着された小西女王のご両親も交えてお昼をいただきました。
ワシントンで10年過ごされ、民間外交の面白さや難しさをお話し下さり、注目度の高い
ワシントンさくら祭りでの親善使節として頑張ってほしいと激励下さいました。

その後、戦争で亡くなった日系人を偲ぶ日系メモリアルに献花し、
ミネタ議員のお話を伺いました。
桜が満開で往時をしのぶにふさわしい春のひと時でした。

ジョージタウンの街並みを背景に



大出会長を囲んで



献花



ミネタ議員のお話を聞く



ミネタ議員を囲んで


↑ページトップへ

2014年7月8日 10時21分

2014全米さくら祭り親善訪問記5

午後からはプリンセスプログラムから離れ、日本大使館へ向かい、
日本大使、公使、防衛担当官を表敬しました。

「ワシントンさくら祭りは3週間に渡って行われる大きなイベントで注目度も高い。
近年中国、韓国の影響力が増す中、日本政府(大使館)としても日本の存在を
アピールする絶好機ととらえ力を入れている」「日本を象徴する「さくら」の親善使節として
日本さくらの女王の果たす役割は大きく、期待している」と佐々江大使から聞かされました。
小西女王は大役であることを再認識し、お役を全力で果たすことを約束しました。

泉公使からは桜を謳った自作の漢詩を頂戴するという歓待を受けました。
防衛担当官の引田氏からは東南アジアが緊張している中アメリカとの友好関係は
益々大切になるので、お役目頑張ってほしいと励ましていただきました。

夜には全米各州のプリンセスを紹介するパーティーがあり、自分の出身地の
プリンセスが登場すると口笛や大きな拍手で沸いていました。

佐々江大使と



泉公使と



防衛担当官の引田さん(右)と



紹介されるジョージア州のプリンセス



ジュニアプリンセス達も花を添えてくれました



ヘッドドレスでおしゃれに

↑ページトップへ

2014年7月6日 22時42分

2014全米さくら祭り親善訪問記4

4月8日は孤児や育児放棄された子供に里親を探すという
非常にアメリカらしいテレビ番組が、リトアニア大使館で撮影されました。
リトアニアインターナショナルプリンセスと日米両桜の女王が、女の子に
プレゼントを渡したあと、一緒にお茶を飲みながら、キャスターが女の子の
背景をカメラに向かって説明していました。

素敵な里親が見つかると良いのですが。

その時のテレビ番組が以下のサイトでご覧になれます。

http://www.nbcwashington.com/video/#!/news/local/Wednesdays-Child/254734601

女の子を迎える駐米リトアニア大使



女の子にメッセージを送る小西女王



リトアニアのお菓子を切り分けるリトアニアインターナショナルプリンセス



お土産を手に記念写真









↑ページトップへ

2014年7月5日 15時25分

2014全米さくら祭り親善訪問記3

4月7日は昨日の陽気とは打って変わって冷たい雨の降る寒い一日となりました。

午前中は軍の施設USO(United Service Organizations)に出かけ、
心に傷を負った兵士に贈るプレゼントをラッピングするお手伝いをしました。

午後からは私たちをお招きくださったNCSS(National Conference of
State Societies)のテリーさんがスミソニアン博物館に案内して下さいました。
彼女は去年全米さくらの女王と一緒にシャペロンとして来日された方です。
数あるスミソニアン博物館の中から映画「ナイトミュージアム」の舞台になった
自然史博物館と航空科学博物館を駆け足で見学。マンモスや恐竜の骨、
実際の航空機やアポロ宇宙船、月の石など、ワクワクするものが並んでいました。
広大なスミソニアンを全部見学するとなると一週間や10日はあっという間に
過ぎてしまうそうで、時間の無いのが残念でした。

夜にはステーキハウスで夕食会。海兵隊員も招かれ、若いプリンセス達も
素敵なひと時を過ごしたようです。

プレゼントを一心にラッピング



USO(United Service Organizations)のメンバーと



スミソニアン自然史博物館の恐竜の化石の下で



航空科学博物館には本物の航空機がいっぱい



夕食にはマリーンのメンバーも招かれて



レストランの壁に記念の落書き⁉

↑ページトップへ

2014年7月3日 10時58分

2014全米さくら祭り親善訪問記2

4月6日午前中、全米各州、テリトリー代表のプリンセス達、並びに駐米大使館推薦の
インターナショナルプリンセスに対し「プリンセスプログラム・オリエンテーション」が行われ、
プリンセスプログラムがスタート。昨年日本にも来られた2013全米さくらの女王メリー・アンが
プログラムを通して第25代日本さくらの女王の小西さんをアテンドしてくれます。

午後には日本から贈られた桜が植えられているポトマック河畔でのランタンセレモニー(灯篭火入れ式)に参加。
桜はようやく蕾がほころび始めたところ。今年は徳川家から贈られた灯篭の周りに日本庭園が完成し、
琴の音色が流れ、和太鼓の音が響き一段と風流な雰囲気です。

ポトマックの桜を102年間大切に育ててくれているナショナルパークサービス会長の挨拶と
佐々江駐米大使の挨拶の間で、小西女王は「先人がアメリカに桜を贈ってくれたおかげで
こうしてここに来ることが出来大変幸せです。この縁をさらに後輩につなげるためにも
一生懸命友好に努めます。」と英語で堂々の挨拶をしてくれました。

和太鼓でセレモニーが開幕



佐々江駐米大使の挨拶



挨拶する小西女王



灯篭火入れ式の後で



会場のポトマック河畔、ジェファソン記念館を臨んで



キング牧師記念碑の前でプリンセス一同と記念写真



↑ページトップへ

2014年7月1日 11時02分

2014全米さくら祭り親善訪問記

今年もワシントンで開催される全米さくら祭りに招かれ、2月23日に誕生した
小西千尋日本さくらの女王が4月5日から15日までワシントンを訪れました。

到着した日に早速ジュニアプリンセス達にサッシュとレプリカの授与式が行われ、
小西女王が一人一人にサッシュをかけ、レプリカを載せてあげました。
着飾った30人の小さなプリンセス達は勿論、お母さんたちも本当に嬉しそうでした。

翌日から全米各州から選ばれたさくらのプリンセス達が一堂に会し、一週間に渡る
プリンセスプログラムに参加するのですが、小さなプリンセス達も時折
プログラムに参加する予定です。

4月5日成田発同日ワシントンダラス空港到着



ジュニアプリンセスにサッシュをつける小西さん



ジュニアプリンセス達が勢揃い



いつかはクイーンになりたいわ


↑ページトップへ