blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2016年06月

2016年6月30日 17時37分

ハンブルクさくらの女王来日3

4月13日、憲政記念館でさくら祭り中央大会が催されました。
式典に先立ち、日本さくらの会会長・大島衆議院議長を
ハンブルクさくらの女王が日本さくらの女王らとともに表敬しました。

式典においては、来賓としてステージに着席頂き、壇上からさくら功労者の
表彰式などをご覧頂きました。式典後の懇親会においては、橋丸会長から
ご挨拶を頂き、ラウラ女王にはお酒の鏡割りをして頂きました。

ラウラ女王は日本語が大変上手で、さくら祭り中央大会に集まった200人を超える
日本さくらの会会員の皆様と、日本酒を飲みながら和やかに歓談なさいました。

大島会長と日本語で話すラウラさん



大島会長を囲んで



さくら祭り中央大会式典



「駿河台匂」という品種を植樹



鏡開き



インターナショナルプリンセスとも交流












↑ページトップへ

2016年6月29日 16時11分

ハンブルクさくらの女王来日2

4月12日午前、まず最初は第26代日本さくらの女王山下ひまわりさんと共に山崎参議院議長を
表敬訪問しました。緊張で一杯のラウラ女王を山崎議長は笑顔でお迎えくださり、
ハンブルクの桜や議長の故郷の桜の話で盛り上がりました。議長は初代女王としての幸運と
重責を感じているラウラさんに、両国のために国際親善に力を注いで欲しいと述べられました。

午後は、昨年ハンブルクを訪問した第25代日本さくらの女王小西千尋さんと、内閣総理大臣を
表敬しました。総理にハンブルク市長からの親書が手渡され、独日協会の橋丸会長は
ハンブルク市民として、ハンブルクに総領事館が復活したことについての感謝を伝えられました。
総理はハンブルクでのさくら祭りが長年行われていることを喜び、平和の象徴としての
さくらの果たす役割の重要性を述べられました。

その後、パールクラウンレプリカを女王へ寄贈頂いた株式会社ミキモトへお礼に伺いました。
株式会社ミキモトからは、ハンブルク、米国、日本のさくらの女王に毎回レプリカとパールネックレスを
寄贈頂いています。 吉田社長と歓談の後、店内を案内頂きました。女王も独日協会の皆様も、
店内に展示されている輝くパールのネックレスに見入っていました。

山崎参議院議長と懇談



美しいお庭で



総理表敬



官邸玄関で記者に囲まれる



ミキモト本社にて



真珠の美しさにため息






↑ページトップへ

2016年6月27日 22時50分

ハンブルクさくらの女王来日

第一代ハンブルクさくらの女王が、独日協会ハンブルク会長橋丸重光栄子さんらと
共に来日され、2016年4月11日から5日間の日程で東京を訪れました。

独日協会ハンブルクでは1968年以来、日独国際親善交流事業として、
ハンブルクさくら祭りの際にさくらの王女を選出してきました。
2015年の選考より、王女を女王と名称変更し、今回第一代ハンブルク
さくらの女王として来日されたラウラ・グレーベルトさんは、通算29代目
となります。ラウラさんは現在ハンブルク大学で日本語を専攻され、
日本留学の経験もある日本通のお嬢様です。

都内での各所表敬の折には、日本さくらの女王やプリンセスも同行し、
日独の親善交流を深めました。

これから数回に分け都内でのラウラ女王の表敬の様子をご紹介いたします。

ハンブルクさくらの女王ご一行来日に祝杯























↑ページトップへ

2016年6月23日 15時47分

復興支援・達山会総会

4月1日、さくら議員連盟事務局長の亀岡偉民先生の会合「復興支援達山会総会」が開催され、
染矢智美プリンセスがお招きにあずかりました。亀岡先生は日本さくらの会の評議員でもあり、
日ごろ会の活動をご支援下さっています。東日本大震災の被災地である福島県選出の
衆議院議員として、地元の復興は元より被災地への桜植樹にも力を入れておられます。
この度の「達山会」でも復興の経過報告や今後の活動ビジョンなどを力強く語られました。

染矢プリンセスは総会後のレセプションで亀岡先生に激励の花束を贈呈しました。
また、ショートスピーチでは亀岡先生を励まし、さくらの会のPRもしました。
総会には細田自民党幹事長代行をはじめ、多くの要人が出席され、
亀岡先生の熱意と行動力を讃え、今後一層のご活躍を祈念されました。

後援会の方々や多くの出席者に記念撮影や握手を求められ、
染矢プリンセスは明るく楽しそうに応じていました。

花束を贈呈する染矢プリンセス



細田元官房長官挨拶



出席者とにこやかに記念撮影


↑ページトップへ

2016年6月20日 15時38分

無錫(むしゃく)桜祭り6

最終日である27日は、在上海日本国領事館と日中の未来を考える会主催の「桜講演会」が
総領事館の文化ホールで開催されました。開演前、ここでも増田女王は
テレビ局のインタビューや受講者との記念撮影で引っ張りだこでした。

片山総領事の開会挨拶後、蓮実女王委員長、工藤女王委員、増田女王がショートスピーチをしました。
講演会では、桜友誼林の新發田会長が「無錫での植樹活動」について講演し、
上海在住である工藤女王委員が「さくらを通じた国際交流と中国でのさくら育成と植樹」についての
講演をしました。

増田女王の海外行事デビューは天候にも恵まれ、素晴らしいさくら交流とさくら広報となりました。

講演会の模様



にこやかにお役を果たしました



無錫の夜桜も堪能しました



↑ページトップへ

2016年6月18日 23時48分

無錫(むしゃく)桜祭り5

翌日も古い街並みや庭園を見学して上海へ移動しました。
宿泊ホテルにチェックイン後、読売新聞上海支局勤務の楽さん主催の
夕食会にお招き頂き、翌日の打ち合わせを含む和やかなひとときを過ごしました。

↑ページトップへ

2016年6月17日 15時53分

無錫(むしゃく)桜祭り4

行事終了後、無錫市政府の外事弁(国際部)の方々が観光に連れて行って下さいました。

無錫市近郊には多くの歴史的名所があり、その一つである 「祥符禅寺」は年間数百万人が
訪れる有名なお寺です。境内はカートで移動しなければならないほど広く、古い僧坊の他、
新設施設にはいくつもの会議室やホールがあり、その豪華な装飾は日本の寺院とは
異なる仕様でした。施設内で作業に従事するスタッフは小型のセグウェイで縦横無尽に
移動していました。境内にそびえ立つ大仏はその足元まで登る事が可能で、参拝者は
願い事を唱えながら足に触れます。

何といっても圧巻は、広場で催される「釈迦の誕生」です。大音響の音楽が奏でられる中、
数十メートルの高さにある蓮の花から釈迦が現れ、蓮の花が開き切ると四方八方から
噴水が涌き上がり、産湯として釈迦に降り注ぎます。このショーを見に年間数百万人が
訪れるという事に頷けます。

巨大な釈迦像



釈迦誕生のスペクタクルショー




↑ページトップへ

2016年6月15日 13時15分

無錫(むしゃく)桜祭り3

翌25日は、桜の記念植樹式と無錫国際桜祭りのオープニングが開催されました。
式典出席のため女王3人に振袖と訪問着の着付けをして下さったのは、
上海で活躍の中国人女性でした。和服に愛着を持ち、日本の伝統や
文化をよく理解している事に感動を覚えました。

植樹式で女王達は、桜友誼林会長、在上海日本国総領事、
無錫市対外友好協会会長らと共に日中友好の願いを込めて
桜の根元に土掛けをしました。開会に先駆け、上海や南京の
テレビ局が女王達に「無錫の桜の印象や中国訪問の感想」等に
ついてのインタビューをしました。

無錫桜祭りオープニングのステージには主催者名や美しい桜の絵と共に
「日本櫻花会(日本さくらの会)」後援が明記されていました。

式典後の園内散策で増田女王は前に進めないほどの人垣に囲まれ、
写真撮影や握手を求められ、にこやかな笑顔で人々のリクエストにこたえていました。
子供から大人まで皆、初めて見る「日本さくらの女王」の美しい振袖姿に魅了され、
その姿や笑顔は瞬く間にSNSで発信されて行きました。

中国人女性による着付け



舞台字幕には日本さくらの会を意味する「日本櫻花会」の表示も



櫻植樹記念碑と



大勢に取り囲まれる増田さん




↑ページトップへ

2016年6月13日 10時18分

無錫(むしゃく)桜祭り2

24日の夜には前夜祭として無錫市市長出席の夕食会が開催され、
蓮実女王委員長がさくらの会を代表してスピーチを致しました。
会設立の経緯や活動内容、これまで日中間で開催された桜行事の紹介、
中国でのさくらの女王誕生の期待など、親善への思いを語り拍手を浴びました。

この度のお招きに関しては無錫市政府と親交が深い元読売新聞中国総局長
加藤隆則氏のご尽力が大きく、事前に関係機関への当会概要説明や広報など
お力添えを頂きました。

挨拶する蓮実女王委員長



前夜祭に出席の増田さん



新發田会長を囲んで








↑ページトップへ

2016年6月8日 16時31分

無錫(むしゃく)桜祭り

ワシントンDCや台湾などの他、海外でのさくら祭りも少しずつ増えて来ました。
特に中国では昨今日本のさくらが大人気で、訪日観桜以外に中国の桜名所でも
「桜祭り」があちこちで開催されるようになりました。

3月24,25,26日の日程で増田愛子第26代日本さくらの女王が、
初代日本さくらの女王である蓮実久子女王委員長、第4代の工藤園子女王委員と共に、
無錫桜祭りと上海で開催された桜行事に参加しました。

一行は24日正午近く上海浦東飛行場に到着し、無錫市からのお迎えバスで
前夜祭夕食会会場へ向かいました。同行の方々は無錫で29年間も
日中友好の桜を植樹し続けていらっしゃる「桜友誼林保存協会」の
新發田豊会長と会員の皆様です。桜を通じての日中友好に尽力される
日本人有志の思いに、無錫市の対外友好協会が協力し、市内にある
大湖湖畔に美しい桜の公園が作られました。今では中国有数の桜名所として
中国内外から40万人を超える観光客が訪れています。

空港へ出迎えてくださった皆さん



無錫の桜



ライトアップも中国的

















↑ページトップへ

2016年6月5日 12時27分

第43回相模原市民桜まつり

昨年7月カナダのトロント市で、相模原市との友好都市交流事業として開催された桜植樹式に
田代萌プリンセス(当時)が出席しました。そのご縁で、この度4月2日に相模原市で開催された
「第43回相模原市民桜まつり」に下野侑紀プリンセスがお招きを頂きました。満開の桜の下で
華やかに開催された開会式では、加山俊夫相模原市長の開会宣言のあと、下野プリンセスも
オープニングのテープカットに参加しました。

市民に親しまれているこの桜祭りは40万人を超える参加者で賑わいます。様々なイベントが開催され、
市マスコットキャラクター「さがみん」をはじめ、「ぐんまちゃん、家康くん」他沢山のゆるキャラ達と
一緒に下野プリンセスもステージで「じゃんけん大会」に出演しました。 会場には姉妹都市である
無錫市の関連で「桜友誼林」の新發田会長ご夫妻もいらっしゃり日本での再会を喜び合いました。
桜並木に囲まれた会場では多くの市民と交流し、写真撮影や握手と共に「さくらのプリンセスとは
何ですか?」「いつ選ばれましたか?」などの質問を受けました。

相模原市にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙科学研究所があります。佐久市、能代市、
角田市他、日本各地にJAXAの関連機関が所在する事から「銀河連邦共和国」として所在市の
交流をしています。夕刻開催された「銀河連邦レセプション」では「サンリクオオフナト共和国」の
戸田市長も出席され、さくらのご縁の深さに驚きました。相模原市民桜祭りと日本さくらの会との
ご縁を結んだ田代萌第8代日本さくらプリンセスも駆けつけ、下野プリンセスや相模原市担当者を
囲んで、カナダから来訪されたトロント市の桜植樹式関係者と懇談しました。

相模原市民桜祭り開会式



記念のサインをする下野プリンセス



銀河連邦共和国レセプションにて戸田大船渡市長と


↑ページトップへ