blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2016年08月

2016年8月23日 22時17分

全米さくら祭り親善訪問記13

夕刻6時半、クリスタルゲートウエイマリオットホテルにていよいよ新しい女王が選ばれる
グランドボウルが開催されました。104年前に東京市長からワシントンに桜が贈られたことにちなみ、
今年は舛添東京都知事も出席。桜まつりグランドボウルの開催を祝福し、
「先だって関節の手術をしたが、アメリカ製の人口骨を入れたので、私はアメリカ人でもある」と
ジョークを飛ばし、客席から喝さいを浴びていました。

各州のプリンセスたちは白いドレスに身を包みエスコートに導かれステージへ。
先頭を切るのは増田日本さくらの女王。日本から駆けつけてくださったお父様がエスコートです。
各州名が張られたスピンを舛添知事が回し、矢が止まったのはWisconsin。
ウイスコンシン州プリンセスのレイチェル・ボーンさんが2016全米さくらの女王に選ばれました。
彼女はMIKIMOTOクラウンを装着してもらうと、喜びのあまり涙を流していました。
準女王にはランチをふるまってくれたフロリダのプリンセス、同じ名前のレイチェルが選ばれました。

興奮冷めやらぬままバンドの生演奏に合わせてダンスが始まり、
その後夜遅くまで会場は若いエネルギーがはじけていました。

日米さくらの女王プリンセス・大使館プリンセス勢揃い



挨拶する増田女王



準女王に選ばれたフロリダ州プリンセス・レイチェル



舛添東京都知事がルーレットを回して選ばれたウイスコンシン州プリンセス・レイチェル



MIKIMOTOより預かったレプリカを新女王へ



ANAから東京往復の航空券が贈呈される



最後はダンスダンスダンス



増田女王のご両親も駆けつけられた

↑ページトップへ

2016年8月20日 06時25分

全米さくら祭り親善訪問記12

4月15日 「Good Morning Washington」というCNNの番組に、
2015全米さくらの女王ノエルさんと増田さんが生出演しました。
キャスターは例年グランドボウルでも司会を務めるゴッドフライさん。
テレビカメラの前で増田女王は日本さくらの女王の役割を流ちょうな英語で話しました。

本番前に鏡でチェック



マイクをつけてスタンバイ



グッドモーニングワシントンのキャスターがさくら祭りを紹介中



本番出演中

↑ページトップへ

2016年8月14日 12時46分

全米さくら祭り親善訪問記11

午後からはリトアニア大使館を表敬訪問。大使からリトアニアという
森と湖に囲まれた美しい国土の紹介がありました。
また、リトアニアインターナショナルプリンセスも広報官として
リトアニアについての質疑応答に対応していました。
お茶の時間にはリトアニア伝統のバウムクーヘンによく似た
お菓子がふるまわれました。

夜にはウイラードホテルにてMIKIMOTOが全米さくらの女王に贈呈した
パールクラウンが展示され、そのお披露目をお祝いするパーティーが行われました。
プライスレスな輝きに人々からはため息がもれていました。

リトアニア大使館で大使を囲んで



大使のスピーチ



リトアニアプリンセス



リトアニアの伝統的お菓子



クラウンと記念撮影



MIKIMOTOパールクラウン


↑ページトップへ

2016年8月11日 11時50分

全米さくら祭り親善訪問記10

4月14日 午前中は教育的プログラムが実施されました。
起業家を支援する会社を訪問しその仕組みや制度を学び、
質疑応答では積極的に質問するプリンセスも多く、
自分でビジネスを展開しようという熱意のある姿が見られました。

ランチはフロリダ州プリンセスのレイチェルが自ら企画した
ランチョンパーティーを美しいフロリダハウスで主催してくれました。
費用はドネーションを募り捻出し、メニューを考え、テーブルセッティングまで
一人で行ったそうで、その実行力に脱帽。レイチェルは東北大震災以来
アメリカがサポートしてくれている「TOMODACHI」作戦にも積極的に
かかわっていて、現在も被災地支援に来日することもあるそうで、
日本に思いを寄せてくれている素晴らしいプリンセスです。

企業の方法についての話



話に聞き入るプリンセスたち



国会図書館前で記念撮影



八重桜が満開



ランチを主催したフロリダ州プリンセスのレイチェルの挨拶



デザートとお茶はお庭で



↑ページトップへ

2016年8月10日 09時30分

全米さくら祭り親善訪問記9

引き続き議事堂で下院議長と面会し、記念撮影が行われました。
2年ほどかけて修復中だった議事堂の工事用カバーが取り外されつつあり、
真っ白な威容が半分くらい顔をのぞかせて来ていました。

夕方は国会レセプションがボタニカルガーデンで行われました。
各州プリンセスをその州選出の議員がエスコートしてゲストの前で紹介。
東海岸と西海岸では3時間、ワシントンとハワイでは6時間もの時差のある国では、
ある意味国際的な集まりとも言えるでしょう。あちらこちらで活発な交流が行われていました。

有意義な行事がぎっしり詰まった長い一日でした。

下院議長を囲んで



国会議事堂内



議事堂内アメリカ国旗の前で



議事堂



国会レセプションにて日米国旗に敬意



各州プリンセスは州選出の議員と入場



尾池公使お祝いスピーチ



植物園でのレセプション




↑ページトップへ

2016年8月6日 14時57分

全米さくら祭り親善訪問記8

4月13日 プリンセスプログラムはアメリカ女性に対する教育的な要素もあり、
この日は国家安全保障局の女性リーダーのお話を伺いました。
「オバマ大統領も話していますが、若者はもっともっとインターナショナルに
世界を知り、また旅先では一人一人がアメリカ大使としてメッセージを
発信してほしい。」と話されました。

続いてケネディーセンター見学。名物ディレクターのミッキーさんが毎年プリンセスたちを
館内案内してくださっていましたが、それも今年限り。さみしくなります。舞台の裏側には
名だたる出演者たちの歴史が刻まれていました。

午後は日系メモリアルに献花。第二次世界大戦中にアメリカで亡くなった日本人を
追悼する記念碑は祖国をしのぶ桜の木に囲まれています。日系議員の
ノーマン・ミネタ氏が当時の状況を語るのを聞いているうちに、
おじいさまが戦前アメリカで苦労なさったことと重なったようで、
増田女王は涙ぐんでしまいました。

ケネディセンターの舞台に勢ぞろい



バックヤードでミッキーさんの説明を受ける



これまで舞台に立ったスターたち



赤が印象的なホール



記念碑に花を手向ける増田女王



ノーマン・ミネタ氏のお話し



涙ぐむ増田女王

↑ページトップへ

2016年8月2日 14時22分

全米さくら祭り親善訪問記7

4月12日 午前中少し時間があったので、ワシントンの隣町ジョージタウンへ
ショッピングに出かけました。ジョージタウンはレンガ造りの建物が魅力的な古い街で、
名門私立ジョージタウン大学が町のランドマーク。増田さんはお土産を楽しそうに選んでいました。

日本大使公邸で全米さくら祭りレセプションが開催され、日米さくらの女王、全米各州の
さくらプリンセス、日米の政府関係者、日本企業関係者、日米友好のボランティアに力を
尽くしている方など大勢の人々でにぎわいました。公邸にはお茶室があり、
プリンセスたちはその静かな佇まいを感じて日本文化の一端に触れられたと喜んでいました。
増田女王は壇上で紹介され、大勢のひとからさくらの女王に選ばれておめでとうと声をかけられ、
一人一人と丁寧に対応して親善交流に努めていました。

ホテルに帰る道すがらリンカーンメモリアルに連れて行ってもらいました。
真っ暗な中に白く浮かび上がるリンカーンは本当に堂々と目に映りました。

ジョージタウンで



ジョージタウン行きのバスが到着



佐々江大使ご夫妻と日米さくらの女王プリンセス



大使公邸のお茶室



大使より日米さくらの女王が紹介を受ける




現地の方々と積極的に交流する増田女王



リンカーンメモリアルにて



夜の光に浮かび上がるホワイトハウスと





↑ページトップへ