日本さくらの女王

2016年8月23日 22時17分

全米さくら祭り親善訪問記13

夕刻6時半、クリスタルゲートウエイマリオットホテルにていよいよ新しい女王が選ばれる
グランドボウルが開催されました。104年前に東京市長からワシントンに桜が贈られたことにちなみ、
今年は舛添東京都知事も出席。桜まつりグランドボウルの開催を祝福し、
「先だって関節の手術をしたが、アメリカ製の人口骨を入れたので、私はアメリカ人でもある」と
ジョークを飛ばし、客席から喝さいを浴びていました。

各州のプリンセスたちは白いドレスに身を包みエスコートに導かれステージへ。
先頭を切るのは増田日本さくらの女王。日本から駆けつけてくださったお父様がエスコートです。
各州名が張られたスピンを舛添知事が回し、矢が止まったのはWisconsin。
ウイスコンシン州プリンセスのレイチェル・ボーンさんが2016全米さくらの女王に選ばれました。
彼女はMIKIMOTOクラウンを装着してもらうと、喜びのあまり涙を流していました。
準女王にはランチをふるまってくれたフロリダのプリンセス、同じ名前のレイチェルが選ばれました。

興奮冷めやらぬままバンドの生演奏に合わせてダンスが始まり、
その後夜遅くまで会場は若いエネルギーがはじけていました。

日米さくらの女王プリンセス・大使館プリンセス勢揃い



挨拶する増田女王



準女王に選ばれたフロリダ州プリンセス・レイチェル



舛添東京都知事がルーレットを回して選ばれたウイスコンシン州プリンセス・レイチェル



MIKIMOTOより預かったレプリカを新女王へ



ANAから東京往復の航空券が贈呈される



最後はダンスダンスダンス



増田女王のご両親も駆けつけられた

ページトップへ