blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2011年12月25日 22時09分

全米さくらの女王来日12

仙台駅に向かう途中海辺の被災現場を見学しました。瓦礫は取り除かれているにもかかわらず、

あまりの惨状に一同沈黙…けれど、目を背けるのではなく私たちはこれからも桜を通した復興支援に

力を惜しまず協力していかなくてはならないと思いました。

跡形の無い自宅の敷地に佇むおじいさんがいらしたのを見つけて、エイドリアンさんが駆け寄って

ご自分の財布から寄付をなさっていました。アメリカ文化は衣食足りて寄付をすると聞いていましたが、

その素早い行動に感心しました。

被災現場視察に時間をとられて、予定の新幹線に間に合わず。仙台駅長のご好意で待合室を開放してもらい、

仙台名物ずんだ餅をいただいたり、壁にかかったタペストリーの説明を聞いたりしながら

次の新幹線をゆっくり待つことが出来ました。 アリソンさんもエイドリアンさんも

「仙台を訪れることが出来て本当に良かった、これからもずっと被災者の気持ちに寄り添って行きたい。」

とおっしゃっていました。

今日はクリスマス。被災地にもサンタクロースが訪れていますように。

被災者に寄付を手渡すエイドリアンさん


貴賓室を提供してくださった仙台駅長と




↑ページトップへ