blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2013年3月30日 22時42分

台湾九族文化村・桜園訪問4

翌日も園内で様々な催しが行われました。例えば、台湾、日本、韓国のティーセレモニー。
お茶席が野外に設けられ、お国柄が分かり、興味深いものでした。
台湾茶道は椅子席で、台湾産の香り高い茶葉が使用され日月潭名産のお菓子と共に頂きます。
日本茶道は、初代女王が席主、第4代が点前、プリンセスが「お運び役」を務めました。
川瀬プリンセスは猛特訓でお運び役を練習し、
「すごく緊張したけれど喜んでもらえて楽しかったです。」と話していました。

午後は日月潭までロープウエイで渡り、湖畔にある南投県の張観光局長を表敬訪問しました。
張局長は「オフィスのある湖畔は紅茶の産地として有名なのですよ。
日本人観光客にも大勢来てもらっています。この地も日台友好親善の役割を果たしています。」と
力説なさっていました。それを受け蓮実常務理事も日台交流の意義を述べ、張局長と固く握手。
川瀬プリンセスは昨年家族と台湾を訪問した折の思い出を話しました。

点てたお茶を運ぶ川瀬プリンセス



台湾茶道の様子



張局長と親日家の夫人と共に




↑ページトップへ