blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2015年08月

2015年8月31日 16時39分

全米さくら祭り親善訪問記4

10日いよいよグランドボールにおいて2015年全米さくらの女王が決まります。
夜7時、会場は大勢の着飾った人々で埋め尽くされました。

アメリカでは女王選出審査は無く、ステージ上のルーレットが女王を選びます。
佐々江駐米日本大使がルーレット盤を回され、ネバダ州に矢が止まりました。
全米さくらの女王に選出されたラッキーな女性はノエル・マリー・バーヘルストさん!

ミキモトパールクラウンを前女王のレイニーさんに戴冠してもらうと会場の興奮はマックスに。
続いてクラウンレプリカとミキモトパールネックレスの贈呈を渡邉日本さくらの女王が行いました。
その後全日空の日本往復航空券が贈呈され、さくらのプリンセスプログラムを
主催する全米州議会の会長と選ばれたばかりの全米さくらの女王がファーストダンスを踊りました。
日本さくらの女王、プリンセス達もダンスの輪に加わり、夜が更けるまでダンスの輪が
途切れることはありませんでした。

いよいよボウルの始まり



全米さくらのプリンセス達が壇上に勢揃い



ルーレットの準備もOK



見事ルーレットを射止めたノエルさん



ダンスは夜更けまで

↑ページトップへ

2015年8月25日 13時58分

全米さくら祭り親善訪問記3

8日は第二次世界大戦下アメリカで亡くなった日本人を偲ぶモニュメントに
献花をしました。とても寒い日でしたが、満開の桜に囲まれた施設は
日本人を偲ぶのにとてもふさわしい雰囲気でした。

その後国会図書館を見学し、アメリカ下院議員会館でのレセプションに参加しました。
日米両国家が斉唱され、かつてのさくらのプリンセスで国会議員を務めた方の出席もありました。

9日夜はフォートメイヤーオフィサーズクラブというアメリカ軍の将校クラブにてパーティー。
全員パスポート持参で入場は物々しい雰囲気でしたが、会場は至って陽気な雰囲気。
各州のプリンセスが一人一人紹介されました。いつもは振袖の渡邉女王も
この日はドレスで参加しました。

日系メモリアルにて



壮麗なワシントンの国会図書館



国会レセプションにて佐々江大使と



9日 将校クラブにて




↑ページトップへ

2015年8月24日 14時32分

全米さくら祭り親善訪問記2

6日には在米日本大使館を表敬しました。佐々江大使から前日の灯篭火入れ式での
渡邉女王のスピーチがとても素晴らしかったとお褒めの言葉を頂きました。

7日は全米各州のプリンセスに同行して、児童養護施設で小さい子供たちと遊び、
さくらの植樹式をしました。また、リトアニア大使館を訪問し、大使自らが講師を務めて
下さり、リトアニアについて学ぶ機会もありました。

夜には佐々江大使主催のパーティーが日本大使公邸で行われ、ワシントン駐在の日本人も
大勢見えてとても賑やかなひと時になりました。大使館で用意された久しぶりの日本食に、
渡邉女王も連日の緊張がほぐれたようでした。

佐々江駐米日本大使と



養護施設で



昨年日本に来られたレイニー全米女王と桜植樹



在米リトアニア大使館にて



在米日本大使館公邸にて




↑ページトップへ

2015年8月22日 15時31分

全米さくら祭り親善訪問記

残暑お見舞い申し上げます。あまりに暑いのでさくらを思い出すのが難しいかもしれませんが、
この春の行事報告を続けます。

今年も4月4日から13日まで、渡邉麻美子第25代日本さくらの女王と新澤真美シャペロンが
ワシントンで開催された全米さくら祭りを訪問しました。

到着早々、小さな未来のさくらの女王を夢見るジュニアプリンセス達30名にサッシュを
贈呈する式典に参加。渡邉女王は一人一人にサッシュをかけてあげました。

5日にはポトマック河畔で、全米各州代表のさくらのプリンセス達と佐々江駐米日本大使、
ポトマックの桜の手入れをしているナショナルパークサービスの代表も出席し、
灯篭火入れ式が行われました。渡邉女王は日本を代表して、初めてのワシントン訪問で
暖かいおもてなしを受けたことへの感謝や、さくらについて堂々とスピーチしました。

ジュニアプリンセスにサッシュをかける日米両さくらの女王



ジュニアプリンセスに囲まれて



5日スピーチする渡邉女王



火入れ式を行う灯篭の前で




↑ページトップへ

2015年8月6日 11時26分

第21回九州国際スリーデーマーチ

5月8日九州国際スリーデーマーチのオープニングセレモニーが
熊本県八代市球磨川河川緑地の屋外ステージで行われました。
さくら苗木の贈呈式があり、谷美智子さくらプリンセスから
八千代市長へ贈呈されました。谷プリンセスはスピーチに熊本弁を織り交ぜ、
参加者の心をがっちりつかんでいました。

さくら植樹式の後、10キロコースへ出発するウォーカーの皆様に
「いってらっしゃーい」と手を振りながら激励しました。
中にはハイタッチをして笑顔で歩き出すウォーカーもおられました。

さくら苗木贈呈



さくらを植樹



八代ご当地キャラとまピンと



ボランティアに支えられての参加者と

↑ページトップへ