blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2015年09月

2015年9月30日 16時23分

ハンブルク親善訪問記6

5月25日月曜ですが、この日ハンブルクは祝日で、公式行事はお休みです。
午前中はエルベ川クルーズへお連れ頂きました。ハンブルクは貿易で栄えた街で、
日本からの大きなタンカーも見ることができました。

お昼は元消防船のレストランにて、この時期にしか味わえない、
五月の鰈を頂きました。

午後はハンブルクの発展を支えた豪商を先祖に持つボルケさんの自宅へ
お連れ頂きました。ボルケ夫人は日本人で独日協会会員です。
ゴルフが出来そうな広大な庭の先にエルベ川が滔々と流れ、ため息が
でるような歴史的建造物のお屋敷でお茶とおいしいケーキをご馳走になり、
別世界の暮らしぶりを拝見することが出来ました。

巨大なクレーンが働くハンブルク港の岸壁



写真が趣味の独日協会のロゲさんとクルーズ



今はレストランの赤い元消防船



巨大な鰈、2匹が一人前!



気分は貴族のティータイム



ボルゲさんの邸宅



広大なお庭


↑ページトップへ

2015年9月28日 16時56分

ハンブルク親善訪問記5

5月24日午前中、今話題のミニチュアワンダーランドへ。世界一の仕掛けと言われるだけあって、
時の経つのも忘れ見入ってしまいました。

午後は昨夜誕生した新ハンブルク桜の女王と共に、旧植物園の中の日本庭園で開かれた、
現地に住む日本人によるお茶会に招かれました。日本から遠く離れたハンブルクに、
こんなに素敵な日本庭園やお茶室があるとは感激でした。この日本庭園は
日本人造園家による設計で、ヨーロッパ最大だそうです。

夕方からは、ラッツェブルクの市長さんが、その美しい町へ招待して下さいました。
ラッツェブルクはハンブルクから車で一時間程で、湖に囲まれた閑静で可愛らしい田舎町です。
まるで童話の世界へ舞い込んだかのようでした。
夜は湖の畔のレストランにて市長主催による歓迎夕食会を開いて頂きました。

ミニチュアランド



人の大きさにびっくり



お茶席



花盛りの日本庭園



ラッツェブルク市庁舎玄関で市長を囲んで



ゲストブックに記帳



美しい湖畔でくつろぐ市民



古い教会


↑ページトップへ

2015年9月24日 22時46分

ハンブルク親善訪問記4

5月23日の午前中は、市内周遊バスにて、ハンブルク市のシンボルとなっている
ミヒャエル教会や倉庫街などを案内頂きました。

午後からは、今回のメインイベントである、第一代ハンブルク桜の女王選考会に向け、
小西女王はもちろん、女王委員会の三人も着物に着替えました。
これまでハンブルク桜の「王女」だったのを今回から「女王」に格上げなので、
今回が女王としては第一代となるのです。

午後6時、グランドエリーゼホテルにて、ハンブルク独日協会主催、
在独日本大使館及びハンブルク州協力による選考会が開催されました。

この日の最終審査に残った候補者は4人。一人ずつステージに上がり、
審査員から、自分はどうしてさくらの女王に向いていると思うかとか、
ハンブルクの女王として何を日本に伝えたいかなどの質問を受けました。
投票は審査員と会場の全員でなされ、厳正な審査の結果、
ラウラ・グレーベルトさんが、第一代ハンブルク桜の女王に選ばれました。

蓮実女王委員長が祝辞を述べ、小西女王が戴冠のお手伝いをしました。
長年に亘り㈱ミキモトより贈られている王冠のレプリカとパールのネックレスが、
新女王に授与されました。グレーベルト新女王は来春日本を訪問されます。

ミヒャエル教会



倉庫だった古い建物



いよいよ女王選出大会



最終候補の4名



中根駐ドイツ大使、橋丸独日協会会長らと新女王を囲んで



ミキモトクラウンレプリカとネックレスを新女王に



↑ページトップへ

2015年9月17日 16時32分

ハンブルク親善訪問記3

5月22日、小西女王は朝から振袖を着用。午前中は幼稚園児から中学生までが通う
現地の日本人学校を訪れました。異国の地で暮らす日本人の子供たちはとても明るく、
恵まれた環境をエンジョイしている様子でした。上級生による和太鼓の演奏や、
全校生徒による合唱などで歓迎をして下さいました。女王への質問タイムでは、
女王の活動や安倍総理と会った時の様子などを聞かれ、子供たちは女王に
興味津々の様子でした。金井校長先生や現地スタッフの皆様の心温まるご案内に感謝をし、
学校を後にしました。

午後は、エアバスの組立工場へ。巨大な飛行機がプラモデルのように
組み立てられていく様は、なんとも不思議なものでした。
ひと月に60機もの飛行機が誕生するそうです。

夜には、ハンブルク日本人会の主催する花火大会が行われました。
1968年に日本人会がハンブルク市への感謝を込めて始めて以来、
毎年行われているそうです。この花火大会のスタートのスイッチを、
日本さくらの女王とハンブルク桜の王女が押しました。

生徒から質問攻めに会うさくらの女王



全校生徒と記念撮影



エアバス社で説明に聞き入る



エアバス社



花火点火準備OK



アルスター湖に上がる花火




↑ページトップへ

2015年9月12日 22時16分

ハンブルク親善訪問記2

5月21日午前11:00 ANAのご厚意で提供して頂いたチケットで成田を出発。
デュッセルドルフを経由し同日18:45ハンブルク着。ハンブルク空港にて、
ハンブルク独日協会会長の橋丸様や会員の皆様に、花束にてお出迎え頂きました。

その夜(夜8時でも昼のように明るいのです)、初めてのハンブルクでの食事は、
ドイツらしさ漂う陽気なビアレストランへお連れ頂きました。
本場のドイツビールに日本からの一同は大感激でした。

花束を贈られる小西女王



ビアホールで



↑ページトップへ

2015年9月6日 11時34分

ハンブルク親善訪問記

第25代日本さくらの女王小西千尋さんと、佐藤シャペロン、蓮実女王委員長、玉垣女王委員の4人が、
2015年5月21日から30日の日程で、ドイツハンブルクを訪問しました。

ハンブルクでは1960年代後半に、市内アルスター湖の周辺にハンブルクに住む
日本人の手によって桜が植えられました。1968年以来、毎年五月に桜祭りが開かれ、
ハンブルク独日協会は「ハンブルク桜の王女」を選出してきました。
日本さくらの女王とハンブルク桜の王女は、隔年で相互を訪問しています。
今年度から、ハンブルク桜の王女は「桜の女王」と名称変更し、
今回は「第一代ハンブルク桜の女王」選考会となりました。

これから数回に分け、ハンブルク訪問の様子を報告致します。













↑ページトップへ

2015年9月4日 10時09分

全米さくら祭り親善訪問記5

11日パレードがコンスティテューションストリートでスタート。
寒い日でしたが、天気は良好でした。とても華やかな長いパレードで、
全世界から集まった方々が楽しんでいました。全米さくらの女王と
日本さくらの女王がフロートに乗り、パレード両サイドの観客に
にこやかに手を振る姿にひときわ大きな歓声と拍手が送られていました。

パレードが終了し、この一週間で仲良くなったプリンセス達ともお別れ。
渡邉女王は一人一人とハグをしたり握手をして名残を惜しんでいました。
この小さな友情がいつか日米の大きな絆になりますように。

パレードの華・日米さくらの女王



プリンセスたちのフロートにも大歓声が



日米の友情がずっと続きますように


↑ページトップへ