blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2018年02月

2018年2月20日 15時36分

無錫国際花見ウイーク4

北京では天安門広場で人民大会堂や故宮博物院を見学し昼食後、
在中国日本大使館に向かいました。日本大使館文化ホールで
「桜友誼林30周年」記念報告会が開催され新發田会長が30年の歩みと
交流について講演しました。

横井大使が訪問団を大使公邸で歓迎して下さり、駐米公使時代、
上海総領事時代からの日本さくらの会との関わりや桜への思いを話されました。
2010年のフレンドシップエクスカーション上海でのエピソードや
中国で桜が人気であること、桜は日中友好の大事なキーである事など大変興味深いお話しでした。

中国滞在最後の日は万里の長城に上ったり、西太后の夏の住居であった
頤和園等を見学しました。「北京ダック」も賞味し、
「少林寺拳法」のショーも観覧、盛り沢山の中国訪問は幕を閉じました。

在中国日本大使公邸にて





↑ページトップへ

2018年2月20日 15時35分

無錫国際花見ウイーク3

晴天に恵まれた開会式では「無錫対外友好協会」代表をはじめ、
登壇したゲストのスピーチには30周年という節目への祝意や、
桜が結ぶ日中友好の喜びが溢れていました。
ステージでは当時日本で大ヒットした「無錫旅情」を
演歌歌手の尾形大作さんが熱唱しました。

中国では記念植樹にはとても大きな桜が選ばれるので、
植樹した桜の枝に参加者達はそれぞれの思いを書いたプレートを結びました。

式典後染矢プリンセスはテレビや新聞の取材を受け、
にこやかに感想や印象などを述べていました。
公園内を移動する折にも多くの観客に囲まれ、写真、写真、のリクエストで
身動きも難しいほどでした。小学生から大人まで色々な観客に
上手な日本語や片言の日本語で話しかけられ、
日本へ対する親近感や興味の深さを実感しました。

昼食後の太湖遊覧では桜の遠景を楽しみながら多くの参加者と交流し、
下船後は高速鉄道で次の目的地である北京へ向かいました。

みなさんに囲まれて

↑ページトップへ

2018年2月20日 15時35分

無錫国際花見ウイーク2

翌日の午前中は無錫の名所「太湖」湖畔に昨年作られた公園を見学しました。
この公園は京都をイメージした日本庭園の様に造られており、
町屋風の建物も配置されていました。

「花見ウイーク」の期間は日本文化紹介イベントや交流会など色々な行事が開催されます。
午後はその1つの「さくらセミナー」で講座を担当し蓮実女王委員長が
「日本さくらの会概要」を、染矢プリンセスが「ハワイさくら祭」参加報告、
工藤女王委員が「中国におけるさくらの活動」について講演しました。

「桜友誼林」30周年記念式典では、王無錫市市長、片山総領事が祝辞を述べ、
功労者が表彰されました。

前夜祭夕食会には「日中の未来を考える会」、友好都市である明石市、
相模原市の代表、駐在日本企業代表等が招かれ交流を深めました。
終了後の夜桜見物ではカラフルにライトアップされた美しい桜に歓声が上がりました。

セミナー会場で



「桜友誼林」30周年記念式典






↑ページトップへ

2018年2月20日 15時35分

無錫国際花見ウイーク

さくらの季節には日本だけでなく中国でも昨今「さくら」の人気が高まり、
各地で「お花見」が盛んです。武漢、大連、上海等で人々は入場料を払ってお花見をします。
それぞれ特色がありますが、「無錫」のさくらイベントは特別です。

1987年から「日中桜友誼林」という日本の団体が平和と日中友好親善を願って
無錫市の「太湖」のほとりにある「鼈頭渚公園」(げんとうしょこうえん・
すっぽんの頭の様な形の公園)に桜を寄贈植栽し始めました。
ちょうどその頃「無錫旅情」という演歌が流行り、皆「太湖」という
名所がある無錫に思いを馳せました。

今年は「日中桜友誼林」の活動30周年となり、日本さくらの女王がお招き頂き、
初代、4代、第26代の染矢智美さくらプリンセスが記念行事に出席致しました.

関西、関東から集結した「日中桜友誼林」一行約50名は3月26日お昼近くに
上海に到着し昼食・観光後上海総領事公邸に招かれました。
新發田会長から30年間の活動報告があり、片山総領事に歓迎と労いのスピーチを頂きました。
夕食は上海料理を堪能し一路無錫へと向かいました。

鼈頭渚公園(げんとうしょこうえん)の桜



片山総領事と新發田さん




↑ページトップへ

2018年2月20日 13時56分

達山会総会

染矢プリンセスは2月5日(月)さくら振興議員連盟事務局長である
亀岡偉民衆議院議員の「達山会」に出席しました。

亀岡先生の選挙区は福島県で、東日本大震災の被災地として現在も復興途中です。
亀岡先生はさくら議連の一員として「さくら」を被災地に植樹する活動にも
熱意を傾けておられます。2月5日は亀岡先生の支持者や国会から多くの方々が出席されました。
染矢プリンセスは亀岡先生に花束と激励のことばを贈りました。

亀岡先生は高校、大学、社会人時代、野球選手としても活躍され現在もスポーツ振興に熱心です。
2020年の東京オリンピックでは野球の開会式が福島市で開催されます。
亀岡先生はこの大きなイベント実現のために多大な貢献をされました。

式典後、染矢プリンセスは多くの参加者と談笑し、さくらの会活動をアピールしました。

亀岡代議士に花束贈呈



参加者と

↑ページトップへ

2018年2月20日 13時55分

ヤマザクラ1万本の里づくり記念植樹祭

平成29年11月5日「第1回ヤマザクラ1万本の里づくり記念植樹祭」(福島県南会津町主催)があり
第26代日本さくらの女王 下野侑紀さんがお招き頂きました。

南会津町は福島県の南西部に位置し雄大な山々に囲まれた緑豊かな所です。
前夜から降り始めた雪まじりの雨も朝には上がり、10時には明るく日が差し
多くの参加者を迎えて式典が開始されました。

ヤマザクラの植樹は町の面積の約92%を占める森林の荒廃を防ぎ、
次世代へ引き継いでいく里づくり計画の記念すべき第一歩でした。
町が実行委員会を立ち上げ、県、地域の方々、東京の「ふるさと南会津会」の
会員の方々など多くの皆様のご支援を頂いた事業と伺い、里づくりの熱い思いが
伝わってまいりました。特に小さなお子様連れの若いご夫婦が楽しそうに
さくらを植樹されている光景は美しく心に残りました。

植樹終了後、地元の方々の手作り会津名物「しんごろう」と「きのこ汁」の
おもてなしを頂き、とても美味しく冷えた身体が暖まり最高のご馳走でした。

町内には自生のヤマザクラが多くあり、中には花色の鮮やかなものもあると
お聞きしました。見事に沢山のヤマザクラが咲き、四季折々の美しい景観に
誘われて全国から多くの方々が訪れる日を楽しみにしています。

町長挨拶



下野女王もスピーチ



苗木



植え方指導



里山を桜で一杯にの想いをこめて植樹



遠景



参加者全員で記念撮影



しんごろうを焼いて頂きました






↑ページトップへ

2018年2月13日 14時44分

全米さくらの女王来日11

6月3日、東京最後の一日はフリーデー。宿泊のニューオータニのお庭はさわやかな緑で溢れ、
バラが満開。そこで趣向を凝らしてサマンサさんが下野女王の振袖を、下野女王がサマンサさんの
ドレスを着用。バレリーさんも浴衣に着替えて青空の下で記念写真撮影会。
美しい二人の姿に声をかけてくださった方が、日米さくらの親善交流を意気に感じられ
日本さくらの会に入会して下さいました。

午後から浅草観光へ。浅草寺でおみくじをひいたり、仲見世通りでお買い物を楽しまれ、
夕食には念願のしゃぶしゃぶを召し上がりました。以前シャペロンとして来日された
テリーさんからしゃぶしゃぶが最高においしいと聞いておられたとのこと。
美味しいしゃぶしゃぶに大変ご満悦でした。

最後は外国人に大人気の渋谷のスクランブル交差点を見たいという希望を叶えるために、
地下鉄銀座線を端から端まで乗って移動。交差点を自撮りしながら遊園地を楽しむように歩いていました。

日本に来たら何でもしたい!と話していたお二人も、とても満足なさったようです。
東京滞在中は過密スケジュールにもかかわらず、笑顔で積極的に日米親善に
寄与してくれたお二人に心から感謝です。

民族衣装交換



見事なバラ園で



浅草寺にて



おみくじをひいてみました



しゃぶしゃぶへレッツゴー



スクランブル交差点を自撮りしながら


↑ページトップへ

2018年2月13日 14時09分

全米さくらの女王来日10

続いて石井国土交通大臣を表敬。東京オリンピック2020の準備が進んでいることが話題になると、
是非また日本に戻って来たいとサマンサさんとバレリーさん。

夜には女王委員会でお二人を囲んで送別会。テーブルに並んだたくさんのお皿をおともに
日本酒ファンのお二人は盃を重ねられて、普段より更に陽気に日本は最高!と
話しておられました。最後はみんなで順番にハグをして、またの再会を約束しました。

石井国土交通大臣を囲んで



大臣からプレゼント



送別会で楽しいひと時



すっかり仲良し


↑ページトップへ

2018年2月13日 14時00分

全米さくらの女王来日9

6月2日(金)今日は公式行事最終日。朝、全日空に伺い4月から就任された平子社長を表敬。
全米女王とシャペロンが航空券提供のお礼を述べ、ワシントンから成田への快適なフライトの
感想を述べられましたが、「Wonderful」の一言に尽きるようでした。
また、「小池都知事表敬でオリンピックメダルのために携帯電話を集めていると聞いたので、
早速ワシントンでもプリンセスや関係者に働きかけてアメリカでも集めたい。ついてはその輸送を
ANAにお願いできないか。」と社長に直談判。社長も快く引き受けてくださり、実りある訪問ができました。

午後から秋篠宮妃殿下に御引見賜りました。紀子さまはサマンサさんが小学校で読み聞かせを
してきたことにとても関心を示され、絵本の内容についてお互いの話が深まり、
読み聞かせた本を紀子さまに差し上げることになりました。紀子さまは悠仁さまの小学校で
図書委員のボランティアをなさっているそうなので、そのうち差し上げた本を
お読みになるかもしれません。サマンサさんもバレリーさんも「紀子さまは流ちょうに英語を話され、
とてもエレガントで美しい。出会えて本当に光栄です」と興奮しておられました。

ANA平子社長を囲んで



社長からのプレゼントに喜ぶバレリーさん


↑ページトップへ

2018年2月9日 14時16分

全米さくらの女王来日8

吉祥寺の井の頭公園でランチのあと、先日表敬したMIKIMOTO本店で
バレリーさんがお嬢さんにパールネックレスをお土産に購入。
吉田社長に「またお買い物に来てくださいね」と言われて、
「来年は自分用のネックレスを買いに来たいです」と答えていました。

続いて先日駐日大使にお招きを受けた日米野球の100年を写真で辿る
「Pacific Pitch」のオープニングレセプションに都立中央図書館へ向かいました。
駐日米大使や元ジャイアンツのクロマティ選手などが参加して、
野球も桜に並ぶという日米の懸け橋だというスピーチがありました。

夜は六本木でショーを見ながら食事をしました。限られた舞台で交錯するダンサーに
なんとオーガナイズされていることかとサマンサさんもバレリーさんも感嘆しきりで、
とても喜んでおられました。

緑の中でランチ



井の頭公園散歩



ミキモトの美しいネックレス



パシフィックピッチオープニング



クロマティー元選手と



六本木で

↑ページトップへ

2018年2月9日 14時15分

全米さくらの女王来日7

6月1日(木)今日は練馬区にある東京三育小学校を訪問しました。
こちらの小学校では一年生から英語の授業が行われています。
「Cherry Blossom Say Spring」「It’s OK To Be Different」という
絵本の読み聞かせを1年生から6年生の各クラスで行いました。
それぞれの学年で受け止め方も違うようでしたが、
「みんな違ってみんないいんだよ」という普遍的な内容に
子供たちの目も輝いていました。

「女王はお城に住んでいるのですが?」という生徒からの質問には
サマンサさんも大笑いでしたが、「私の目標は世界の平和を実現することですが、
その考えは間違っていますか?」という質問には「それ以上大切な願いはないですね」と
心から賛同なさっていました。小学校での交流会はとても心温まるものでした。

英語絵本読み聞かせ



講堂で児童たちと



サインをせがまれて



三育小学校校長と









↑ページトップへ

2018年2月9日 14時12分

全米さくらの女王来日6

5月31日(水)今日は先ずアメリカ大使館に行き、ジェイソン・P・ハイランド臨時代理大使に
お目にかかりました。ハイランド氏は若い人が訪問してくれるのは何よりの楽しみとのこと。
日本が初めてというサマンサさんとバレリーさんに日本のことを沢山吸収して帰ってくださいと
話されました。また、「Pacific Pitch」という日米野球の歴史展のオープニングセレモニーが
明日あるので、是非出席して欲しいと要請を受けました。

続いて総理表敬。分刻みのスケジュールの中、安倍総理はにこやかに日米さくらの女王を
お迎えくださり、ワシントンのさくらは日米友好の象徴であり、100年間その花が
咲き続けていることは大変喜ばしいことですと話されました。トランプ大統領と
ポール・ライアン下院議長からの親書と共に、ゴルフボールをプレゼントされると、
とても嬉しそうにありがとうとおっしゃっていました。

今日はこれにて公式行事も終わったので、根津美術館へ。サマンサさんは
大学院で美術館展示学を専攻されたそうで、展示品への興味と共に、
展示の仕方への関心もおありのようでした。美しい書の数々に
ため息をつきながら見入っておられました。

アメリカ大使館にて



ハイランド臨時代理大使と



安倍総理を囲んで



総理と対談



総理官邸で記者に囲まれる



緑いっぱいの根津美術館庭園


↑ページトップへ

2018年2月9日 14時10分

全米さくらの女王来日5

午後は東京都庁へ向かい、小池都知事を表敬。ワシントンに106年前に美しい桜を寄贈したのは
当時東京市長だった尾崎行雄氏。「その苗木が、今はワシントンの素晴らしい桜になっています。
私達は日米の友好の印を毎年楽しむことができます。」とサマンサさんが話すと、
「日本とアメリカの友好関係を、さくらの女王としてアピールして欲しい」と都知事が話されました。
また、東京オリンピックに向けて使わなくなった携帯電話を集めてその中の金属を再利用して
メダルの一部に使うというプロジェクトをしていることを聞いたシャペロンのバレリーさんは
即座にワシントンに帰ったら、各州プリンセスに呼びかけて使用済み携帯電話を集めて、
プロジェクトのお手伝いをしたいと話していました。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/katsudo/2017/05/30_02.html

(表敬の模様が都庁のホームページに掲載されています)

夜は日本さくらの会の評議員でさくら議員連盟幹事長の渡辺博道衆議院議と明日を語る会に伺いました。
大勢のお客様の前で、花束贈呈に舞台に上がったサマンサさんは緊張した様子でしたが、
お役目終了後はバナナで出来た宝船に興奮し、大きなおにぎりをとてもおいしいと召し上がっていました。

オリンピックムード満載の都庁入り口で



都知事と楽しい会話



小池都知事の書の前で



渡辺議員に花束贈呈



バナナ船にびっくり

↑ページトップへ

2018年2月7日 14時29分

全米さくらの女王来日4

5月30日(火)今日の表敬は参議院議長から。国会議事堂内の参議院議長室で
伊達忠一議長はとてもにこやかに日米さくらの女王とシャペロンをお迎えくださり、
桜談義に花を咲かせました。議長は北海道出身なので、さくらが咲くのが遅いことから、
日本列島の地理にも話が及びました。通訳は下野侑紀日本さくらの女王が行いました。

その後議事堂内を見学。参議院本会議場は天皇陛下のお座りになる席があることや
衆参両院議員が全員座れる座席数があることなどを聞いて、サマンサさんは
ワシントンの議事堂との相違に興味を抱いているようでした。
その後お昼ごはんは衆議院の地下にある吉野家へ。
ここでしか食べることが出来ない国会スペシャル牛重に舌鼓を打ちました。

伊達参議院議長と談笑



議長を囲んで



シャペロンのバレリーさんも議長にお土産を手渡しました



参議院本会議場



議事堂内部




↑ページトップへ

2018年2月7日 14時25分

全米さくらの女王来日3

5月29日(月)この日は日本さくらの会会長の大島衆議院議長主催の歓迎会が
衆議院議長公邸で開催されました。それに先立ち議長を表敬した全米さくらの女王と
日本さくらの女王。「私もワシントンでさくらを楽しんだことがありますが、
本当に見事ですね。長年しっかり手入れをしてくださっているからでしょう」と
議長が話されると「日本からの贈り物ですから大切にしなければなりません」と
サマンサが答えていました。パーティーには100人ほどのお客様がみえ、
全米さくらの女王との交流を楽しんでいました。

午後からMIKIMOTOへレプリカとパールネックレス寄贈のお礼に伺いました。
69年前に全米さくらの女王の選出が始まって以来、毎年全米女王に
クラウンレプリカと真珠のネックレスを寄贈なさっています。
今年は銀座4丁目の新しいビルが竣工したお祝いも重なり、
日米さくらの女王と真珠の美の共演となりました。

日本さくらの会会長大島衆議院議長を表敬



乾杯~



参加者全員で記念写真



ミキモト社長にご挨拶



ミキモト社屋外の礎で

↑ページトップへ

2018年2月7日 14時24分

全米さくらの女王来日2

5月28日(日)到着当日はホテルにて昨春お世話になった
増田愛子日本さくらの女王がお二人をお出迎え。再会を喜び合いました。
その後簡単なオリエンテーションを行い、東京での行事のあらましを説明。
夕食は日本のものはなんでも吸収したいと、お二人は早速うなぎに挑戦され、
長旅の疲れも吹っ飛んだと元気一杯に話されました。


↑ページトップへ

2018年2月7日 14時23分

全米さくらの女王来日

ワシントン訪問に続き、ワシントンからの来日をご報告します。

5月28日ANA001便にてワシントンから今年の全米さくらの女王に選出された
サマンサ・オルセンさんとシャペロンのバレリー・クレメンスさんが
公益財団法人日本さくらの会の招きで来日されました。東京での一週間をつづります。



↑ページトップへ

2018年2月7日 11時44分

全米さくら祭り訪問19

全米さくら祭り最終日である4月8日は全米にテレビ中継される華やかなさくら祭りパレードが行われました。
マーチングバンド、TVスター、有名スポーツ選手、ピエロや、ハーレーダビッドソン、
消防士などなどと共に、新しく選ばれたサマンサさんと下野女王も各州プリンセスたちと一緒に
フロートに乗ってワシントンの中央を通る大通りをパレードしました。
沿道を埋め尽くした観衆も心からパレードを楽しんでいるいるのが伝わってきました。
快晴の空の下、それはそれはこれぞアメリカと感じられる催しです。

全米さくら祭りは本当に盛大なお祭りでした。下野女王は大勢のプリンセスたちと仲良くなり、
たくさんの思い出を作り、公の場でもメッセージを発信し、日本の代表として
日米親善に尽くした全米さくら祭りでした。

パレードの日米さくらの女王



プリンセス達のフロート



ワシントンモニュメントを通過



ANAもパレード



パレードで掲げた大断幕


↑ページトップへ

2018年2月4日 22時42分

全米さくら祭り訪問18

いよいよ第69代全米さくらの女王が決まるグランドボールが始まりました。

広い会場は着飾った人々の、新しい全米さくらの女王誕生の期待感で溢れています。
お父様にエスコートされた下野日本さくらの女王が先頭で入場したのに続き、
全米各州プリンセスたちも一人ずつ白いドレスに身を包みエスコートと共に舞台に登場。
最後に第68代レイチェル全米さくらの女王が入場し全員が勢ぞろいしました。

下野女王が招待されたお礼と新しい女王を日本に迎えることを楽しみにしていると挨拶。
最初にプリンセス同士で選ぶ一緒にいて最も楽しかったミスコンジニアリティに
ワシントン州代表のモニカさんが選ばれ、プリンセス全員から祝福されました。

全米さくらの女王はスピンの矢が指し示す州のプリンセスが女王になります。
今年はスピンを回すのは尾池駐米公使。スピンが指した準女王はバージンアイランド。
そして全米さくらの女王にはサウスダコタ州出身のサマンサさんが選ばれ、下野女王が
ミキモトクラウンレプリカとパールネックレスを装着して差し上げました。

儀式の後は生バンドの演奏に合わせてダンスが始まり、夜が更けるまで宴は続いていました。

下野女王スピーチ



ミスコンジニアリティーに選ばれたモニカさん



ミキモトクラウンを戴冠したサマンサさん



サマンサさんにクラウンレプリカを装着



ANAから日本往復航空券が贈られた



そしてパーティーは続く









↑ページトップへ