blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2018年06月

2018年6月27日 17時22分

2018ワシントン桜祭り訪問 10

13日(金)午後は、アメリカの高校生たちによる日本語能力大会が行われ、
竹中女王は特別審査員として参加しました。この大会は、日本文化、歴史、
地理など総合的な方面から日本語能力を競う大会で、日本人ですら
時々答えに迷うほどです。優勝したチームは、秋に日本を訪問するそうです。

夜はいよいよ全米さくらの女王が選ばれるグランドボールです。
プリンセスたちは白いロングドレスに着替え、さっきまでの活発な女子が、
まるでお姫様のようにエレガントに変身しました。

お父様のエスコートによる竹中女王を先頭に、プリンセスたちもそれぞれ
エスコートと共に登場しました。全員が舞台に並ぶと、
殺風景だった舞台がお城の大広間のように見えました。

大きなスピンが回され、2018全米さくらの女王は、バージニア州の
マーガレット・オメーラさんに決まりました。竹中女王はこの一週間のお礼と、
これからも両国の友好親善に努めていきたいと述べ、
新女王にミキモトのクラウンレプリカとパールのネックレスの贈呈をしました。

マーガレットさんは5月27日より日本さくらの会の招待で来日します。

高校生によるジャパンボール



審査員をする竹中女王



プリンセス達がホワイトガウンで勢揃い



これからお父様のエスコートで舞台へ



新女王誕生



ファーストダンスを踊る日米両女王



↑ページトップへ

2018年6月26日 09時33分

2018ワシントン桜祭り訪問 9

4月12日(木)、午前中はケネディーインスティテュートへ。
ここは赤ちゃんから10代の子までが通う養護学校ですが、
プリンセスたちの訪問を楽しみに待っていてくれました。
プリンセスたちは床に座って子供たちと触れ合い、
その後校庭にて恒例のさくら植樹が行われました。

お昼は、NCBF(全米さくら祭りパレード主催団体)のダイアナ氏のお招きにより、
NCBF選出のグッドウィルアンバサダーらとランチを共にしました。
グッドウィルアンバサダーは親善使節として来日する予定だそうで、
また新しい交流が出来、楽しいひと時を過ごしました。

夕刻は、もう一人のインターナショナルプリンセスのいるロシア大使館へ。
館内見学の後、ロシアのサンドイッチとお菓子で陽気なパーティーが行われました。
アコーディオンの軽快な演奏に合わせ、プリンセスたちも輪になって
楽しいロシアンダンスを踊りました。


ケネディインスティチュート



インスティチュートにてさくら植樹



ロシア大使館にて

↑ページトップへ

2018年6月25日 16時21分

2018ワシントン桜祭り訪問 8

続いて国会議事堂へ。歴代の大統領の銅像の前にて、ポール・ライアン下院議長に
日本さくらの会会長大島理森衆議院議長よりのレターを手渡し、
両国の更なる友好が続くことを祈念しました。

夕刻より議事堂から程近い植物園の温室内にて、州議員主催のパーティーが開かれました。
各州のプリンセスたちが、その州の議員たちにエスコートされて登場し紹介されました。
プリンセスたちの華やかな紹介の後は、緑の植物園の中で
軽いおつまみと飲み物で和やかに親交を深めました。

ポール・ライアン下院議長へ大島衆議院議長からの親書を渡す



植物園内でレセプション

↑ページトップへ

2018年6月24日 12時34分

2018ワシントン桜祭り訪問 7

4月11日(水)午前中は、リトアニア大使館とメキシコ大使館へ。
今年もリトアニアとメキシコからインターナショプリンセスが
このプリンセスプログラムに参加しています。

リトアニア大使館では、インターナショナルプリンセスによる
プレゼンテーションが行われました。メキシコ大使館では、
建物自体が博物館になっており、独特の壁画やタイルの部屋を見学しました。

午後は日系アメリカ人メモリアルを訪れ、第二次世界大戦時の
日系人の悲話についてフロイド・モリ氏よりお話を伺いました。
モニュメントの周囲の壁には、全米10か所の強制収容所と、
米国のために戦死した日系人の名前が刻まれています。

リトアニアプリンセス・大使夫妻と



メキシコ大使館にため息



↑ページトップへ

2018年6月22日 23時23分

2018ワシントン桜祭り訪問 6

4月10日(火)、朝はテレビプロモーションへ。地元テレビ局の生モーニングショーにて、
和菓子のデモンストレーションと共に、さくら祭りのPRがされました。

午後は旧日本大使館にて、茶道と和菓子作りのデモンストレーションがありました。
プリンセス達も実際に上生菓子の形作りに挑戦し、
自分で作った和菓子を嬉しそうに持ち帰りました。

夜は日本大使公邸でのパーティへお招き頂きました。さくら祭り関係者や商工会、
日米協会関係者など400名ほどの人が集まり、広大な公邸も身動きが取れないほどでした。
竹中女王は「ワシントンでもさくらが愛されていることに感動し、
さくらを通しての日米友好親善に寄与していきたい」とスピーチしました。
会場では、福島のお酒や日本食、桜餅などが振る舞われ、
日米友好の絆が固く結ばれていく感じがしました

グッドモーニングワシントンに出演



テレビ局内モニター



茶道のお点前を見学



和菓子作りに挑戦



大使館レセプション

↑ページトップへ

2018年6月22日 00時01分

2018ワシントン桜祭り訪問 5

午後は、駐米日本大使杉山晋輔氏を表敬。杉山大使は今年3月に着任されたばかりでしたが、
さくらの女王の活動に深い理解を示して下さり、日米友好の大切な役目を無事に果たせるよう
竹中女王を励まして下さいました。

夕方からはワシントンナショナルズの野球観戦へ。ゲーム開始前、スタジアムで女王と
プリンセス達が紹介され、巨大なスクリーンに映し出されました。しかしながら、
夜には更に気温が下がり、楽しい筈の野球観戦も早めに切り上げる羽目になってしまいました。

杉山日本大使表敬



野球観戦

↑ページトップへ

2018年6月20日 15時19分

2018ワシントン桜祭り訪問 4

4月9日(月)、気温がぐんと下がり凍える寒さとなりましたが、
午前中はホワイトハウスの見学へ。歴代の大統領の使った食器や、
豪華な装飾の部屋に、映画のワンシーンに入り込んだような気がしました。

その後、アメリカ平和研究所にて、平和への取り組みについての話を聞きました。
平和をシンボルとしての建物なのか、吹き抜けの美しいビルは全てのオフィスが
ガラス張りで、どの部屋からもすべてが見渡せる特別な造りになっていました。
この研究所の求めるように、全世界から暴力や戦争がなくなることを願います。

ホワイトハウス内見学





ホワイトハウス前にて



平和研究所にて



↑ページトップへ

2018年6月19日 12時29分

2018ワシントン桜祭り訪問 3

4月8日(日)午前中、全米各州からプリンセス達がオムニシォアハムホテルへ集合。
オリエンテーションが行われ、いよいよプリンセスプログラムの始まりです。

午後2時、満開のさくらの中、ポトマック公園にてさくら祭り
オープニングセレモニーが行われました。 駐米日本大使や、
ワシントン日本商工会副会長らの挨拶の後、灯篭に灯がともされ、
さくらプリンセスプログラムのオープニングが宣言されました。
この灯篭は1954年に日米通商100年を記念し日本より贈られたものです。
1651年に徳川家光供養のために作られた対の一基で、もう一基は
上野公園内に現存しています。

灯篭火入れ式 杉山大使夫妻と



全米各州プリンセスとキング牧師像の前で



大勢の花見客で賑わうポトマック河タイダルベイズン



↑ページトップへ

2018年6月18日 11時40分

2018ワシントン桜祭り訪問 2

4月7日(土)午前10:30、全日空便にてワシントンダラス空港に到着。
空港にはNCSSのビル会長とテレサ副会長が花束を持って出迎えして下さいました。
さくらは東京ではすっかり散っていましたが、ワシントンでは私たちの到着を
待ってくれていたかのように、ちょうど見頃を迎えるところでした。

到着後早速に、ジュニアプリンセスのサッシュ授与式が行われました。
将来のさくらの女王を夢見る少女たちが、日米さくらの女王からレプリカと
サッシュの贈呈を受けました。 はにかみながら日米の女王と写真に納まる姿は
とても愛らしかったです。

夜は、ジョージア州ソサエティーのパーティが歴史あるクラブハウスにて行われました。
ジョージア州代表のプリンセスの戴冠式が行われ、参加者はプリンセスの健闘を祈りました。
可愛いジョージア州ジュニアプリンセスやジュニアプリンスらも登場し会場を和ませていました。


空港へお出迎え



ワシントンの満開の桜



ジュニアプリンセスの戴冠式



ジョージア州ソサエティーのプリンセスとジュニアプリンセス達



↑ページトップへ

2018年6月18日 10時54分

2018ワシントン桜祭り訪問

2018年4月7日(土)~17日(火)にかけて、竹中女王と佐藤シャペロンが、
全米さくら祭り参加の為、NCSS(全米州協議会)のお招きでワシントンDCを訪問しました。
全米さくらの女王や全米各州代表等のプリンセス達と一緒に、
一週間に亘るプリンセスプログラムに参加した様子をお知らせいたします。

↑ページトップへ

2018年6月15日 11時14分

第47回常盤平さくら祭り

4月7日(土)第47回常盤平さくら祭りに谷井プリンセスが参加しました。
あいにく桜は散ってしまっていましたが、今年もにぎやかに開催されました。

式典では谷井さくらプリンセスが蓮實理事長のメッセージを代読。
恒例のパレードでは松戸市常盤平駅から五香駅まで大勢の祭り客の中を
にこやかに行進しました。地域のさくらを守るための募金のお手伝いもしました。
地元選出で、日本さくらの会の理事でもある渡辺博道衆議院議員も顔を見せられ、
谷井プリンセスを激励してくださいました。

地元のさくら祭りを楽しむ人々に、谷井プリンセスもさくらの持つ
人々を結びつける力に改めて気が付いたようでした。

美容室で着付けてもらいスタンバイOK



さくら募金を呼びかけ



渡辺理事と



さくら祭り縁の下の力持ちの皆さんと



↑ページトップへ

2018年6月12日 17時40分

東京渋谷ライオンズクラブ観桜会

4月5日(木) 東京渋谷ライオンズクラブ観桜会に三好プリンセスがお招きを受けました。
会場の八芳園では染井吉野は散っていましたが、点々と咲く八重桜を楽しむことが出来ました。
三好さくらプリンセスとライオンズのメンバーとの記念撮影も和やかに行われ、
終わりに全員で唱歌「花」「朧月夜」を合唱した楽しい交流でした。

↑ページトップへ

2018年6月11日 11時49分

神戸市さくら植樹式

4月7日日本さくらの会から神戸市に桜の苗木が贈呈され、
獅子が池としあわせの村にさくらを植樹する式典に辰己女王が伺いました。
この植樹式にはすでに関空から日本に到着していたアンナ
ハンブルク桜の女王も合流しました。

神戸市の北部にある獅子ヶ池はしばらく荒れ果てていたのを住民らの手で
さくらを植樹して憩いの場にしようと、北山順一神戸市会議員を中心に
丸山地区のみなさんが美化活動を展開されています。当日はカレーの
炊き出しもあり大勢の皆さんが植樹式に参加。雨が降りそうな空の下、
日独の国旗をバックにさくらに土をかけたアンナハンブルク桜の女王と
辰己由貴日本さくらの女王も住民の熱意に、いつか満開の桜が獅子ヶ池を
美しく飾るのを強く祈りました。

続いてしあわせの村へ移動。ここは高齢者・障がい者の自立を援助する
福祉施設や病院、宿泊施設、温泉施設として赤い屋根の建物が建ち並び、
まるで南ヨーロッパの雰囲気です。他にも運動広場、芝生広場、キャンプ場など、
多種類の屋外スポーツ、レクリエーション施設がそろう、誰もが楽しめる
広大な総合福祉ゾーンです。

今回は辰己女王が50本の桜を目録で贈呈し、ご挨拶。そして芝生広場に神戸市議、
ハンブルク経済局の役人や独日協会の幹部も加わり、5本の桜を植えました。
しあわせの村日本庭園はすでに花見の名所になっているようですが、
こちらの広大な芝生広場でも思い思いのお花見が楽しめる日がそのうちやって来そうです。

獅子が池で挨拶する北山議員

しあわせの村での植樹




日独国旗の前で植樹




ハンブルク独日協会のメンバーも一緒に植樹




しあわせの村遠景

↑ページトップへ

2018年6月8日 11時29分

美容教室

立ち居振る舞いのマナーと並んで身だしなみも女王、プリンセスとしては大切です。
そこで3月13日青山「RENJISHI」美容室の協力を得て、4人それぞれに似合う
髪のセットの仕方やお化粧の仕方を教えてもらいました。

海外では美容室で和装の髪のセットをしてもらうことも出来ないので、いざというときには
自分で出来るようにしなくてはなりません。美容室の大きな鏡の前で
ポイントを教わると皆さん上手にセットが出来るようになったようです。

お化粧も振袖に似合うものと普段の洋服の時では違うことを教えてもらいました。
竹中女王はすでにデビューしましたが、これからの活動の時の基本になる身だしなみを、
プロに教わる貴重な時間でした。



 

 

 

 

 

 

 

 

↑ページトップへ

2018年6月7日 11時22分

はるかの桜植樹式

震災復興を支援のために「はるか」と名付けられた新種の桜を
全国各地に植えていこうという「fukushimaさくらプロジェクト」。
倉敷、熊本に続き3度目の植樹式が品川シーサイドテラスで行われ、
4月4日に第26代下野女王がお招きを受けました。

主催者であるNTTファイナンス酒井社長は「桜が育ち、そこに人が憩い
福島を想うシンボルになるように祈念する」と挨拶されました。
また品川シーズンテラスの施主であるNTT都市開発の中川社長も
「せっかくこの地に植えていただいたのだから、桜を大きく育て
大勢の人に愛でてもらいたい。復興支援のシンボルとして
公園に集う人々に思い出してもらい、この桜が公園のシンボルに
なってくれることを希望する」と話されました。

沖林野庁長官や東京タワーの人気キャラクターノッポン君らとともに
下野女王も「はるかのさくら」を福島復興が少しでも進むようにと
祈りを込めて植樹しました。

プレート贈呈



「はるかのさくら」復興祈念のプレートと



新種の桜を植樹



参加者と桜の苗木の前で記念撮影











↑ページトップへ