page|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

最近のブログ記事

2017年5月24日 17時00分

「足守洪庵さくらまつり」と「妹尾ふるさとさくら祭」2

足守洪庵さくらまつりに引き続き車で40分ほど移動して、「妹尾箕島ふるさとさくら祭り」に出席しました。
地域住民によって育まれてきた芳塘園の桜の見頃にあわせて、妹尾地区の各種住民団体と
中学生のボランティアの協力でお祭りが開催されていました。

特設ステージで増田女王がご挨拶。郷土芸能の開山太鼓や踊り、妹尾小唄や中学生の
吹奏楽が披露され充実したさくら祭りでした。

歴史ある岡山のさくら祭りに出席する機会に恵まれ、地域の連帯感を強く感じる思い出深い2日間でした。

逢沢先生に見守られて挨拶する増田女王

地元の方々と交流



中学生の吹奏楽演奏



みなさんに囲まれて



赤い羽根募金のゆるキャラと



おいしいお茶をごちそうさま

↑ページトップへ

2017年5月17日 15時40分

「足守洪庵さくらまつり」と「妹尾ふるさとさくら祭」

第26代日本さくらの女王 増田愛子さんがさくら振興議員連盟会長逢沢一郎衆議院議員のお招きで
地元岡山市の「足守洪庵さくらまつり」と「妹尾ふるさとさくら祭」に出席しました。

4月1日の訪問初日は逢沢先生のご配慮によりさくらに関係されている方々と
懇談の機会を持つことが出来ました。歴史ある地域の皆様のお話だけに
さくらへの熱い思いが伝わる、実りある懇談会でした。

2日は岡山市足守近水園一帯 足守川河川敷に於て開催された「足守洪庵さくらまつり」に出席しました。

「桜花爛漫のあしもり、歴史と文化の町あしもり、人情あふれるあしもり」がテーマの特設ステージで
開会式が盛大に行われ、増田女王が、第26回足守洪庵さくら祭りに出席出来た喜びをお話しすると
歓迎の大きな拍手が沸き、人情あふれるあしもりを実感しました。

開会式を待つ



ステージで挨拶



市長と植樹



植樹記念版



お茶席 おいしいお菓子







↑ページトップへ

2017年5月11日 12時40分

まなかの森宝くじ桜植樹式

3月20日、栃木県日光市の男体山が目前にある「まなかの森」での宝くじ桜植樹式に
下野侑紀第26代日本さくらの女王がお招きを頂きました。

男体山の山頂には残雪があり,33万平方メートルの広さを誇る式典会場「まなかの森」は
当日少々風が強く寒さが身に凍みましたが、厳かな神事が取り行われました。
その後は司会者の軽妙なトークで会場が温かい雰囲気に包まれ、式典が和やかに進行しました。


植樹式には斉藤日光市長、地元出身さくら振興議員連盟の西川公也衆議院議員や
上野道子参議院議員もお忙しい中、馳せ参じて下さいました。
県、市会議員の先生方やプリキュアの特別参加もあり、出席された皆様誰もが笑顔でした。

参加者は世界遺産の日光市に相応しい桜の名所造りに夢をふくらませていました。
二年後、三年後の春が待たれます。


神事



理事長より目録贈呈



植樹式



石碑



↑ページトップへ

2017年5月4日 22時44分

熊本地震復興「アスペクタ貞春桜まつり2017」

平成29年3月19日、熊本県南阿蘇村の野外劇場アスペクタにおいて行われた「アスペクタ貞春桜まつり2017」
オープニングイベントに増田女王がお招きいただきました。

2009年に船橋市に住む長野貞春氏が故郷の南阿蘇村に15.000本の桜を寄贈し、
以来‘日本一の桜の里つくり’を目ざし、アスペクタにおいて2011年より桜祭りが行われています。
アスペクタは世界最大級の野外ステージで、ジャズフェスや有名アーティストのコンサートも行われます。
その会場周りに6.000本の桜が植えられ、ちょうど祭り当日には河津桜が八分咲きで
一面をピンク色に染めていました。

今年は特に熊本地震でダメージの大きかった南阿蘇地域の復旧・復興を願う祭りとなりましたが、
ちょうど映画が封切られたばかりのプリキュアも応援に訪れ、増田女王とともに
子供たちに囲まれ記念撮影に応じていました。

オープニングイベントの後は吉良清一村長を表敬訪問し、女王は地震のお見舞いを申し上げ、
桜を通して復興のお手伝いをして行きたいと述べました。

地震により壊れた家、崩れた石垣、寸断された道路を見ると心痛みますが、
桜を見て人々が笑顔になってくれたら嬉しいです。

桜を守るプリキュアと



南阿蘇の美しい山々



南阿蘇村長表敬

↑ページトップへ

2017年4月25日 14時23分

第7回ハイジア桜祭りフォトコンテスト表彰式

3月10日、東京都健康プラザハイジアのアトリウムにおいて、管弦楽による桜祭りオープニング演奏の後、
さくらフォトコンテストの表彰式が行われました。染矢プリンセスは、ハイジアの吉原社長の隣で
表彰式のアシスタントを務めました。

どの作品も満開の桜と、生き生きとした人々の表彰が素晴らしく、桜を愛する日本人の心が
映し出されているかのようでした。今年からジュニア部門を設けたそうで、4歳くらいの小さな男の子も
お父さんに手を引かれながら表彰を受けていました。

表彰式の後は、各々の撮影者は自分の作品の前で染矢プリンセスと写真を撮り、
よい記念になったと喜んでいらっしゃいました。


表彰式



管弦楽団によるオープニング演奏



受賞者の皆様と作品の前で


↑ページトップへ