blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2014年3月13日 17時20分

第25代日本さくらの女王選出大会5

2月22日には午前9時から非公開審査に臨みました。候補者は私服で3名ずつ部屋に入り
5名の審査員の質問に答えます。桜に関することばかりではなく、環境問題や大学の授業、
旅の思い出についてなど、時には英語での質問もあり、女王への道のりはなかなか厳しいようです。

午後からは公開審査。皆さん振袖に着替え、一人ずつマイクの前で審査を受けます。
審査結果は、会場の皆さんの投票も考慮され、兵庫県出身小西千尋さんが
見事第25代日本さくらの女王の栄冠を勝ち取られました。女王二席には東京都出身渡邉麻美子さん、
さくらプリンセスには大阪府出身谷美智子さんと栃木県出身島田那音さんが選ばれ、
これから2年間さくらを通した親善大使として活動をしていただきます。

最終候補に選ばれた20名の皆さんにも「ジュニアプリンセス」の称号が贈られ、
今後も桜の保護や育成、さくらを通した交流を支援して下さることが期待されています。
ここに集われた皆さんが何か心に一粒の種を宿して帰って下さったならと願いつつ、
選出大会を終了しました。

あでやかな振袖姿の候補者たち



審査員の先生方



第25代日本さくらの女王一席に選ばれた小西千尋さんと伊吹会長



第25代日本さくらの女王とさくらプリンセス



第24代日本さくらの女王とプリンセス、お疲れ様でした

↑ページトップへ