blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2012年06月

2012年6月29日 14時02分

ワシントンさくらのプリンセス来日4

伊丹市は「ワシントンの桜は伊丹産」をスローガンにしています。というのも100年前日本から送った

桜の苗木は、荒川堤の五色桜を穂木(挿木や接木に使う枝)にして、接木される土台の木が

伊丹市の東野村で育てられたからです。台木が丈夫だと病害虫に負けない桜が育つことから、

ポトマックの桜が立派に育ったのも伊丹の台木が強かったからこそでしょう。

5月17日、その伊丹ゆかりの里帰り桜がワシントンさくらのプリンセスと全米州協議会会長、日本さくらの女王、

伊丹市長、米国神戸総領事、伊丹市議会議長などにより植樹されました。場所は間もなく開館する

市立図書館「ことば蔵」の庭。ウイリアムNCSS会長は「図書館に記念植樹をするのは素晴らしいことだ」と

おっしゃいました。海を渡り帰ってきた桜の意味することを思索の庭で考えることは

本当に素晴らしいことかもしれません。

植樹祭会場入り口



藤原市長の挨拶



メリッサの返礼



里帰り桜を植樹



桜を育てるプロが苗木を支える作業中



インタービューを受けるメリッサ。NHKニュースに流れました


↑ページトップへ

2012年6月27日 09時57分

ワシントンさくらのプリンセス来日3

伊丹での植樹式前夜祭では「タミマル君」が愛想をふりまき、

宮水の産地でもある伊丹の地ビールや地酒がふるまわれ、

その中には桜を使った日本酒もあり、桜と地元を結ぼうとする郷土愛が感じられました。

アコーディオンの演奏に乗せてメリッサが美しい歌声を披露すると会場の熱気は最高潮に。

彼女がアメリカ国家を歌ったお返しに参加者が君が代を歌いみなさんの笑顔が輝く夜となりました。

藤原市長からたみまるグッズのプレゼント



ユニークなスタイルで地酒を振る舞われびっくりのプリンセス



手焼きせんべいの実演に挑戦するウイリアム会長



美しい声で国歌を独唱するメリッサ



お返しに日本人で君が代を斉唱



タミマル君とお別れの握手をするウイリアム会長

↑ページトップへ

2012年6月23日 16時22分

ワシントンさくらのプリンセス来日2

ワシントンDCさくらのプリンセス メリッサ・ユーセフさんとNCSSウイリアム会長は金沢での式典を終え5月16日

関西へ移動。その足で伊丹市瑞ヶ池公園で植樹を行いました。ここには90周年に里帰りした桜が植えられ、

立派に成長していました。池のほとりの公園はポトマック川のタイダルべーズンを思い起こさせるような雰囲気。

続いて日頃から日本さくらの会に協力してくださるモロゾフ(株)を表敬訪問。

本社が神戸にあるため長年伺うことができずにいましたが、ようやく念願が叶いました。

モロゾフ様いつもさくらの会に甘い贈り物をありがとうございます!

モロゾフでは大きなプリンをご馳走になりながら甘いものが大好きというウイリアム会長を中心に話が弾みました。

立派に成長した90周年里帰り桜の下で



里帰り桜を植樹



公園の桜の管理をしている三菱電機㈱高周波光デバイス製作所の「瑞ヶ池公園の桜を育てる会」の皆さんと



モロゾフ(株)表敬の記念撮影



モロゾフで頂いたお土産ににっこり

↑ページトップへ

2012年6月22日 14時48分

ワシントンさくらのプリンセス来日

日米友好親善の桜寄贈に貢献した高峰譲吉博士の偉業を称え、寄贈100周年を記念して「ワシントンの桜・

里帰り事業」が計画され2010年に実行委員会が組織されました。2011年3月に米国から日本に到着した

桜の穂木は母樹園で立派な若木に成長し、今年5月15日に博士の故郷である金沢市と生誕の地高岡市で

「ワシントンの桜・里帰り事業記念植樹式」が開催されました。式典には植樹式に参加のため来日の

ワシントンさくらのプリンセス、メリッサ・ユーセフさんとNCSS(全米州協議会)会長のウイリアム氏、

日本さくらの女王、日本さくらの会役員が招かれ、実行委員長である北國新聞社会長、石川県知事、

金沢市長、高岡市長、高峰博士の縁者達と共に未来へ向けての想いを込めて「里帰りの桜」を植樹しました。

里帰りの桜が植栽された金沢城址公園も、高岡市高峰公園も市民の憩いの場として親しまれており、

常に桜の成長を見守る事が出来るところです。両市では折に触れて高峰博士の偉業を次世代に伝えていく

機会を設けています。里帰りの桜と共に高峰博士の国際親善への想いも大きく広がり育つことでしょう。

金沢城址公園での里帰りの桜植樹式       「北國新聞社」提供



高岡高峰公園で植樹するワシントンさくらのプリンセス、NCSS会長、日本さくらの女王ら   「北國新聞社」提供

↑ページトップへ

2012年6月20日 14時42分

高照山桜の里植樹式

ワシントンから帰って、5月の連休信州安曇野池田町の高照山で桜の植樹式に参加しました。

この山は雛沢潤一さんという方の山で、大病をされた雛沢さんが荒れたまま放置していては

ご自身が天国に行った後空から桜のお花見ができなくなると思い、一念発起して

3000本もの桜を植えられたのでした。美しい桜の里を作りたいという一念が雛沢さんを

すっかり元気にし、町の人々も惜しみなく雛沢さんを後押しした結果、この植樹式が実現しました。

北アルプスの雪山を背景に多種多様な桜が咲き乱れるさまはまさに天国のようでした。

雛沢様、これからも益々お元気に桜を増やし育てていってください!


植樹式で挨拶をする玉川女王と雛沢さん



記念碑除幕式



日本さくらの女王を招いたという記念碑を囲んで植樹式に参加した町の人々



長野放送のインタビューを受ける玉川女王



北アルプスを背景に咲き誇る霞桜



桜の向こうに北アルプス




↑ページトップへ

2012年6月9日 12時54分

フレンドシップエクスカーション

今年は日本からワシントンに桜を贈って100周年の記念イヤー。日本さくらの会も参加者を募り

ワシントンさくら祭りのグランドボウルに正装で参加し、パレードを見学し、ニューヨークを回るという

フレンドシップエクスカーションを実施。おかげさまで80余名の参加者がありました。

ワシントンでの予定をつつがなく終了後、日本さくらの女王も皆さんと合流しニューヨークへ移動。

参加者の皆さんは日本さくらの女王や参加者同士の交流を深めつつ、グランドゼロの跡地や

メトロポリタン美術館を見学し、また特別に国連大使を表敬訪問し充実の時間を過ごされました。

国連大使に挨拶する日本さくらの女王玉川さん



西田大使を囲んで記念写真



国連ビルの前で



再建が進むグランドゼロ跡地



メトロポリタン美術館



人気のフェルメールもゆっくり鑑賞できます。フラッシュをたかなければ写真撮影もOK



セントラルパークの八重桜の下で



最後の夜、レストランにて解団式



↑ページトップへ

2012年6月8日 15時08分

全米さくら祭り8

プリンセスプログラムのメインイベントであるパレードが快晴の青空の下で行われました。

ブラスバンドや大道芸風ピエロ、ディズニーのお姫様たちや馬車に乗った有名歌手などが次々と大通りを

行進していきます。いよいよ花車のフロートの上から日米さくらの女王や各州プリンセスが登場して

にこやかに手を振ると、道路の両サイドを埋め尽くした観衆からも拍手喝さいが湧き上がっていました。

フロートの上でにこやかに手を振る日米さくらの女王



全米各州のプリンセスたちもパレードに登場



さくらの女王を先導するプラカード



パレードの開始を告げる花車



お姫様や・・・



オリンピックフィギュアスケーターのクリスティ・ヤマグチさんも



アメリカの桜を守り育てているナショナルパークサービス



全国各地の大学のブラスバンドも多数参加


↑ページトップへ

2012年6月7日 22時26分

全米さくら祭り7

いよいよグランドボウル。各州代表さくらのプリンセスの中から一人、全米さくらの女王が選ばれる日。

昼間とは見違えるような美しい白いロングドレスで正装し、凛々しい男性にエスコートされてホールに登場。

全米さくらの女王の選出方法は日本とは全く違っていて、プリンセスプログラムに参加したプリンセスたちの

州名が書かれたルーレットを回して針の止まった州のプリンセスが女王になるのです。

100周年の今年は主賓の石原慎太郎東京都知事がルーレットを回しました。針が止まったのはメリーランド。

メリーランド州代表のテイラー・バーフィールドさんが見事なミキモトパールクラウンをかぶり、石原都知事と

ファーストダンスを踊りました。テイラーさんは全日空から日本往復航空券を贈られ、日本を訪問されます。

エスコートされて入場するプリンセス



整列したプリンセスたちとルーレット盤



ミキモトパールクラウンを被せられ感激のテイラーさん



石原都知事とファーストダンスを踊るテイラーさん



女王委員会よりプリンセスプログラム実行委員長にグランドボウルのお祝いを伝える



改めて全米各州に桜の種を贈った意義について記された衆議院議長からの親書を代読する蓮実日本さくらの会常務理事








↑ページトップへ

2012年6月5日 14時01分

日本さくらの女王が掲載された記事のご紹介2

ホームページなどで紹介された日本さくらの女王の参加した記事のリンクをご紹介します。


緑の募金出発式@北海道庁
http://h-green.or.jp/blog/?p=1420


来日した全米さくらの女王をアテンドして野田首相表敬訪問
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012053001001170.html


ワシントン里帰り桜植樹式@静岡
http://http://www.city.shizuoka.jp/deps/simizu/satogaeri.html


へいわさくらまつり@愛知県稲沢市
http://www.heiwa-kaizen.jp/event/event2012.html

↑ページトップへ

2012年6月1日 11時22分

全米さくら祭り6

4月12日(木)本日のメインイベントは国務省表敬訪問とNBC放送のお天気コーナー生出演。

国務省ではキャンベル補佐官がプリンセスたちに向かって「自分たちの時間をほんの少し国に捧げてほしい」と

語りかけ、日本さくらの女王には「日本との関係は益々重要になり強くなっている。文化のこれほど違う国が

仲良くなれるのは驚異的なことで、今後も大切にしていかねばならない」とメッセージを語られた。

テレビ生出演にはプリンセスたちも興奮気味。アメリカのハンサムな有名お天気キャスターからの

インタビューに日本さくらの女王も堂々の受け答えをしていました。

本日も午前中は養護学校でのボランティアの後、成功したアメリカ人女性とのセッションをこなし、

テレビ出演の後はイタリア大使館訪問というタイトなスケジュール。けれどイタリア大使館は

美術館のように美しく疲れを忘れるような空間でした。お茶とケーキの接待を受けプリンセスたちも

元気を取り戻したことでしょう。

国務省でキャンベル補佐官を囲んで



NBC放送出演中



「女性が成功するには」というパネリストの講義後のグループディスカッション



公式ランチで各州プリンセスが一人づつ紹介された



イタリア大使館プリンセスは駐米イタリア大使の御嬢さん



美術館のようなイタリア大使館



↑ページトップへ