blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2013年6月5日 15時39分

ハンブルク親善訪問記

日本さくらの女王選出の年と交互に、二年に一度独日協会ハンブルクによって選ばれるハンブルク桜の王女。
その選出大会が5月18日に行われました。日本さくらの女王も招待され、小林女王と玉垣シャペロンが
9日間の日程でドイツ・ハンブルクを訪問しました。

17日早朝にハンブルクに到着してすぐに振袖に着替えて国際園芸博覧会会場にてハンブルク州の
経済大臣と共に植樹式に参加。小林女王はドイツ語で自己紹介し、参加者を喜ばせていました。

その後会場内のモノレールに乗り、今回の博覧会のテーマ「80日間世界一周」に沿って展開される
80のバラエティーに富んだテーマの庭園を巡りました。文化や宗教、自然などのテーマや地域ごとに
雰囲気が違い、日曜農園の小さな別荘には実際に人が生活していたりして、スケールの大きな博覧会でした。

植樹式にハンブルク、日本さくらの両女王を歓迎する挨拶



Hamburg

ドイツ語を交えて挨拶をする小林女王



記念植樹



会場を周回するモノレール



園芸博覧会会場風景



実際に人が暮らしている会場内のセカンドハウス

↑ページトップへ