blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2013年6月8日 17時49分

ハンブルク親善訪問記4

夕方6時からいよいよハンブルク桜の王女選出大会が始まりました。
あちらでは応募者を書類で10名程度に絞った後、面接をして
ようやく本選に出場する5名が選ばれるそうです。

本選会場では主催者である独日協会ハンブルクの会員が
ディナーを食べながら選考の行方を見守っています。
中根ドイツ大使も審査員に加わり、質疑応答が始まりました。
「アベノミクスをしっているか?それは何か。」「選ばれて日本に行ったら
ハンブルクのことをどの様に説明するか」など4人の審査員が一人一人に
かなり具体的な答えを要求するような質問をしていきます。
見ている私たちも汗をかきそうでした。

審査が終了すると、会場の人が1人1点、審査員が1人10点の持ち点で投票して
結果が発表され、Rassmannさんが見事ハンブルク桜の王女に選ばれました。
ラシュマンさんおめでとうございます!彼女は来年春日本を訪れることになっています。

選出大会会場風景



本選出場者5名



新王女にミキモトレプリカを戴冠



中根大使、独日協会会長、前王女マリーナさんと

↑ページトップへ