blog|日本さくらの会

さくらの女王ブログ|日本さくらの女王|日本さくらの会

2014年6月25日 14時45分

大鹿村さくら祭り

第25代日本さくらの女王渡邉麻美子さんが4月19日に長野県伊那郡大鹿村さくら祭りに参加しました。

大鹿村は雄大な南アルプスに囲まれた自然あふれる静かな村で、日本一美しい村の一つと言われています。
なんと村内には信号が一つもありません。野生のサルやクマ、シカが人口より多いそうです。

さくら祭り会場は50年ほど前のがけ崩れ跡地に鎮魂と復興を願い桜が植えられたそうで、
今では3000本が咲き誇る美しい公園になっています。四月中旬のこの時期には
毎年盛大なさくら祭りが行われ、普段静かな村が一転大勢の花見客で賑わいます。
今年も満開の桜のもと大鹿太鼓や獅子舞、歌謡ショーなどが繰り広げられました。
渡邉女王は桜の記念植樹をし、村の方々とよさこいソーランを踊ったり、
記念撮影に応じるなど和やかなひと時を過ごしました。

記念植樹碑と



大鹿太鼓の演奏



獅子舞と



大鹿桜の女王と一緒によさこいソーランに参加



↑ページトップへ